コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノアメカジ

INVENTORY MAGAZINE Vol.03 Number 05

Carlo Rivetti/Issue Covers...
0

INVENTORY MAGAZINE。

INVENTORY MAGAZINE。カナダ・バンクーバー発のオンラインマガジンを手掛ける、“INVENTORY”から季刊誌として年2回刊行されているファッション雑誌。ファッション雑誌と言っても、トレンド先行的なものではなく、移り変わりの激しい流れのところから一歩引いたところでアイデンティティを保っているブランド、ショップ、メーカー、モノ、個人などを特集。いわゆるアメリカン・カジュアル(という言い方で正しいかはともかく)がベー...
4

WALK-OVER DERBY/ウォークオーバーのダーティーバックス。

WALK-OVER(ウォークオーバー)の"DERBY"、カラーはダーティーバックス。ついに・・というか、ようやく復刻・発売となったWALK-OVERのDERBY。俗にレンガソールと呼ばれる、スポンジ構造のブリックソールに、アッパーはスエードレザーを用いたプレーントゥ・シューズ。白はホワイトバックス、タン(ベージュ)はダーティーバックスと称し、IVYやプレッピースタイルに象徴される定番的なアメカジ靴。という訳で、祝復刻。...
2

Left Field(レフトフィールド)のBLANK TEE、いわゆる無地T。

Left Field(レフトフィールド)のBLANK TEE。いわゆる無地T。拷問にも感じるこの暑さはいったい何時終わるのか・・と考えるほど、気が遠くなりそうなこの頃。気分転換に秋物を物色しようとお店回りをしてみるが、ウール物の重衣料を目の前にして、余計に気が遠くなるこの頃でもあり。と言う訳で今夏のシーズン中、ヘビロテで着まわした甲斐もあり、程よくヨレ感が出てきたLeft FieldのBLANK TEE、いわゆる無地T。この暑さならまだま...
1

KATO’ TRIPLE A(AAA)のチノパン。

KATO' TRIPLE A(AAA)のチノパン。一時はチノパン絶滅か?というぐらい、定番アイテムのはずなのに、「コレ」ってものに巡り合えずタマ数が少なくなっていたチノパン。今じゃ、微妙なシルエットやディテールの違いで、選ぶのに迷うほど溢れかえっている感もあるチノパン。お気に入りの一本を探す楽しみがある反面、旬を過ぎればまた店頭から徐々に姿を消してしまうのか?と、すでに心配になっている今日この頃。流行って怖い。...
4

雑誌「MADE IN U.S.A catalog」。

雑誌「Made in U.S.A catalog」。今から35年前の1975年、読売新聞社より刊行された、当時のアメリカン・ライフスタイルを伝えたカタログ雑誌。掲載されているアメリカの品々は、当然当時は珍しかった物であり、リアルタイムで読まれた方の多くは、憧れ心躍ったのではないかと。 そして現在。それらの品々は時の流れで既に存在しない物が多く、これまた珍重される対象に。そんなアーカイブ的な雑誌「Made in U.S.A catalog」。僕...
4

Stevenson Overall Co.のコーデュロイパンツ。

Stevenson Overall Co.(スティーブンソン・オーバーオール)のコーデュロイ5ポケットパンツ。普段穿いているパンツの中でも、特に気に入ってよく穿く「定番」のパンツが誰にでも(?)あると思います。僕の場合は、程よく色褪せしたユーズドのリーバイス501と同じく、ヘビロテで穿き回しているのが、細畝コーデュロイの5ポケットパンツ。色は断然、グレー。...
0

「Hunting Jacket Research」のREFERENCE MATERIAL 01。

「.......RESEARCH」の「HUNTING JACKET RESEARCH」。これまでMountain、Naval、Riding Equipmentなど様々なコレクションを発表してきたGENERAL RESERCHのプロジェクト、「.......RESEARCH」。今回の「Hunting Jacket Research」をリリースする際に、資料として集められた古着を収録した冊子(REFERENCE MATERIAL 01)がこれ。...
0

AMERICAN STYLE BOOKという本。

成美堂出版より発売となった「AMERICAN Style Book !!/アメリカンスタイルブック」というムック本。アマゾンでCDやら本を買うついでに、どんな内容なのか確認せず購入。表紙の「アメカジの新しい波 !!」という怪しいサブタイトルで危険を察知すればよかったのだが、それも見ずに"ショッピングカートに入れる"ボタンをポチっ。 巻頭は「時代を彩った名優たちのスタイル」。スティーブ・マックイーンはやっぱりカッコイ...
0
該当の記事は見つかりませんでした。