コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノサンダル

モウブレイのデリケートクリーム/M.Mowbray Delicate Cream。

モウブレイのデリケートクリーム/M.Mowbray Delicate Cream。 革製の靴やバッグ、その他グローブや小物類などのメンテナンス前に、さてどうすればいいのか?と悩むまでもなく、とりあえずこれ塗っとけ的に、スエードやヌバックなど起毛素材をのぞくスムースレザーやソフトレザーなど、オールマイティに使えるモウブレイのデリケートクリーム。 半透明でプルっとしたゼリー状の乳化性クリームで、使い心地としては伸びや浸透...
4

BIRKENSTOCK AMSTERDAM/ビルケンシュトックのルームシューズ。

ビルケンシュトックのルームシューズ、アムステルダム(BIRKENSTOCK AMSTERDAM)。いわゆる室内履き。ビルケンシュトック定番のBOSTON(ボストン)を代表とするクロッグタイプのサンダルで、アムステルダムのアッパーはフェルト素材。フットベッドのライニングは、スエード調のマイクロファイバー素材で、アウトソールはクッション性を考慮したルームシューズ専用のEVA素材仕様というもの。 外でビルケン、家の中でもビルケン。購...
5

夏の終わりにビルケンシュトックのお手入れ。

夏の終わりにビルケンシュトック(Birkenstock)のお手入れ。ビルケンのサンダルを履かれている方なら、経験したことがあるであろうフットベッドの黒ずみ。あれを”汚れ”と取るか、”経年変化なんだから仕方ないじゃん”と、諦め気味の解釈するかは個人の気持ち次第。僕自身は後者。買い足し、買い替えを繰り返しながら20年以上も経てば、気にもなりません。が、キレイになるのであれば、それに越したことはありません。...
4

Chacoのサンダルをカスタマイズ。

Chaco(チャコ)のサンダル。足裏にぴったりとフィットするフットベッドに、足を包み込むかのような装着感を味わわせてくれるウェビングベルト。同じスポーツサンダルでも、履き心地はそれまでリピートしていたTevaのサンダルとは雲泥の差。あちらと違って足も臭くならないし。と、以来虜になってしまったのは、かなり昔のこと。 現在では生産国が変わり、各モデルのラインナップも減少。ここ近年はちょっとしたアウトドア遊び...
0

PATAGONIAのカタログ・SURF2009。

8月に入り、夏本番。と言いたいところですが・・スッキリしない天気が続いております。また、洋服屋を覗けばチラチラと秋物が立ち上がっているようで、気分は秋にシフトしつつあります。が、消化不良のまま秋を迎えないためにも「夏を夏らしく満喫しましょう」ということで(?)、PATAGONIAのカタログ・SURF2009。というか、このカタログいつ頃届いたんでしょうか?随分前に来てたようですが・・僕は今さっき封筒を開けたばかり(汗...
1

solmate socks(ソルメイトソックス)/そろそろサンダルな気分。

solmate socks(ソルメイトソックス)。左右で編み柄のカラーリングが違うといった、アシンメトリーなソックス。どぎついまでのカラーリングは、ちょっとしたアクセントに・・というか、「ちょっとした」を超えてます。そんなsolmate socks。ワイオミングウェアやACORNのフリースソックスなど、柄モノには慣れている目でも、このクレイジーさには色んな意味でヤラれます。そんな訳で、そろそろサンダルな気分。...
4

JUTTA NEUMANN(ユッタ・ニューマン)のサンダル/FRANK

サンダルのロールスロイスと称されるJUTTA NEUMANN(ユッタ・ニューマン)。ドイツ出身の彼女は、フランスのパリを経てニューヨークに移り住み、革職人のもとで師事すること80年代の中頃。その後アシスタントを長く務め、晴れて自分の工房を開き独立したのが94年。オーダーメイド、及びハンドクラフトによる作品は、彼女のお弟子さん達ともに作られているとか。...
0

THE SANDALMAN/サンダルマンのサンダル。

THE SANDALMAN(サンダルマン)のサンダル。突き刺すような日差しに、ジメジメした空気。夏はもうすぐそこ・・といった今日この頃。そうなると、ソックスなんて穿いていられません。素足が一番。そんな訳で・・昨年買ったビルケン(TATAMI)のAkabaや、Chacoのサンダルはすでに活躍中。しかし・・...
0

【ビルケンシュトック/アレキサンドリア】Birkenstock Alexandria

ビルケンシュトックのラインナップの中でも、野性味を感じさせるアレキサンドリア。過去に一度ラインナップされたものの、独特なデザインゆえレザーのカッティングが困難なことから姿を消したモデル、アレキサンドリア。2007年限定と言うことで、ビルケンシュトック日本代理店の企画により復活。 レザーサンダルと言えば、野暮ったさが無くすっきりとした「大人のサンダル」が多いこの頃ですが、このアレキサンドリアのデザイン...
2
該当の記事は見つかりませんでした。