コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノClothing

Andersen-Andersen Sailor Sweater/アンデルセン・アンデルセンのニット

Andersen-Andersen Sailor Sweater ざっくりとしたニットをスマートに着こなしている一場面。足元はブラウンのマッドガード仕様のチャッカブーツ。印象的に記憶に残っていた写真集の1ページ。時は流れて、PinterestかSumallyで偶然に見つけたアンデルセン・アンデルセンのニット(Andersen-Andersen/Sailor Sweater)。身幅ややゆったり、肩周りや袖幅はスッキリとした印象。あの時見たニットのイメージとぴったり合致。ドラマ...
2

Barbour Bedale SL / バブアーのスリムフィットなビデイル。

元は日本の別注モデルとして誕生し、昨年からは海外でも展開をスタート。すでにスタンダードな定番アイテムとなっている、バブアーのスリムフィットなビデイル・ジャケット(Barbour Bedale SL)。今まで愛用してきたBarbourのビデイルでは、特に身幅が広すぎるなーとか、アームが太いとか、そんなことは感じたことはなく、確かに野暮ったい雰囲気はあっても、Barbour(の魅力)ってそういうものでしょ?と意識もせず疑わなかったこ...
8

Patagonia Synchilla Snap-T Pants/パタゴニアのシンチラパンツ

...
5

ニットの冬。

寒っ。そんな言葉を連発するようになった今日この頃。 おかげで朝の支度に時間がかかるようになってきました。 冬の到来・・て感じですかね。...
2

ジョンスメドレーのお手入れ/THE LAUNDRESS × JOHN SMEDLEY Care Products

ジョンスメドレーとの出会いは、定番のポロシャツ”ISIS”が最初。サラッとしながらも、とろける様なやわらかい着心地に衝撃を感じたことは今でも忘れません。買い足し、処分を続けながら、ジョンスメドレーのニットとの付き合いは早四半世紀。デリケートで高価。それがわかってるくせに、意外と丈夫なのを良いことに、手入れは洗濯機にポンといったように結構雑な扱い・・。 THE LAUNDRESS × JOHN SMEDLEY Care Products。ジョン...
0

"MADE IN FRANCE" のLACOSTE L1212。

ラコステのポロシャツがフランス製じゃなくなった!?と騒いでいたのは、とっくの大昔のこと。僕自身、その後のペルーやらモロッコ製でも、日本製よりはインポート臭があって良いもんね。なんて言っていたのが、今では”日本製なら品質しっかりしてるし間違いないよね”に変わってる始末。時も経てば人も変わる・・。そんなガッカリな自分に朗報。...
0

Barbour Overdye Bedale SL / バブアーの春物ビデイル。

...
2

John Smedley CAVENDISH/ジョンスメドレーの24ゲージ・カーディガン。

John Smedley(ジョンスメドレー) のカーディガン、CAVENDISH。僕はカーディガンが好物。というか、大好物。ミッドレイヤーとしてはもちろんのこと、時にはアウター代わりの羽織ものとして。また、季節が変われば素材違いで通年活用。ようするに重宝するんですよね。で、好物ゆえに色々なところのカーディガンを試してはいますが、結局のところ落ち着く先は、ジョンスメドレーのカーディガン。やっぱりコレだね、と思わせてくれると...
0

Folk | Tuck Up Crew/フォークのニット。

英国発のFolk (フォーク/Folk Clothing)のニット、 ”Tuck Up Crew”。「英国発」と聞くと、真っ先に念頭に浮かぶのは、伝統を誇る老舗の~といった製品群。古来から受け継がれる伝統や格式、または素材や製法であったり。ニットに関しては、土地それぞれの気候や風土に順応した羊毛が使われることが主であり、温もりの違いのほか、風合いもそれぞれ。 ですが、デザイン的にはオーセンティックなものばかり。と言っても、それは...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。