コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。

The Outsiders – New Outdoor Creativity

The Outsiders – New Outdoor Creativity 久々に見た昨日の雪景色。街中では路面はグチャグチャなので綺麗な風景とは言い難いですが、気持ちだけは一気に雪山へ。近場で幾らか雪のついた低登山も良し、遠出をしてアドレナリン放出のスノボも良し。いずれにせよ時間的にもしっかりした計画が必要ですが。まあとにかく隙あらば逃げ出して遊びたいと、年柄年中考えています・・。まずは、ビジュアルで気分を上げてイメージ作りの準...
0

Cycle Style (洋書)

...
2

THE SARTORIALIST:CLOSER/サルトリアリストVol.2

Scott Schuman氏によるフォトログ「THE SARTORIALIST」ペーパーブック化第二弾め、”THE SARTORIALIST : CLOSER”。前回の書籍(洋書)版THE SARTORIALIST(サルトリアリスト)同様に、今回も魅させてくれます。 思い起こせば、20年ほど前まで愛読していたのが、全ページをストリートスナップで構成された「STREET(ストリート)」という雑誌。ロンドンやパリでのスナップが主でしたが、”服はこう着るべき”といったお仕着せの概念など...
0

Huge / MADE IN USA Whole American Warehouse

僕にとってはToolsですっかりお馴染み(?)となった雑誌「Huge」。先月の6月号は特集”Made in USA"。やはりこの言葉には弱い。今までもこの”Made in USA”にあやかり色々とムック本が発刊され、そのたびに「またか」と思いつつも、ウキウキ気分に翻弄されたわけですが、内容的には新鮮味や深みがなくのっぺりとしたもの。 で、Huge6月号”MADE IN USA Whole American Warehouse”。懐古的なものは一切なく、退廃した大量消費と決...
0

TooLs-2012 REAL STUFF for FUTURE CLASSICS/道具の本、再び。

TooLs-2012 REAL STUFF for FUTURE CLASSICS。昨年刊行されたTooLsの第二弾目、雑誌「HUGE」による”道具の本、再び”です。本書に登場する機能性に準じた多くのモノは、衣・食・住に関わりがあるが、ファッション雑誌、もしくはその手の雑誌で一堂に拝見する機会は少ないと思います。 やはり僕がここで思い浮かべるのは、バイブルとしている「Made in U.S.A」の存在。同誌と同じく本書「TooLs」も、1968年発刊の「Whole Earth Ca...
1

L.L.Bean 100周年/GUARANTEED to LAST: L.L. BEAN's CENTURY of OUTFITTING AMERICA

GUARANTEED to LAST/ L.L. BEAN's CENTURY of OUTFITTING AMERICA。創業者・Leon Leonwood Beanが、湿った森の中を歩くハンターのために防水ブーツを考案、販売を開始したのが1912年。L.L.beanを象徴するそのブーツは、今もなお”Made in USA”としてメイン州で製造しており、多くのファンと共に今年100周年を迎えたL.L. Bean。 同社を代表するアイテムと言えば、創業のきっかけとなったBean bootsをはじめ、トートバッグ、ブッ...
4

Icons of Men's Style/ Josh Sims

洋書、Icons of Men's Style。GQやEsquire、i-Dなどに寄稿するフリーランスのライター&エディターでもあるJosh Sims氏による「Icons of Men's Style」。アイコン的に”この人と言えばコレ”といったモノを中心に、背景や歴史も掘り下げて紹介している一冊。...
0

INVENTORY MAGAZINE Vol.03 Number 05

Carlo Rivetti/Issue Covers...
0

TooLs REAL STUFF for FUTURE CLASSICS

雑誌「HUGE」による「TooLs-REAL STUFF for FUTURE CLASSICS」。 ”Dear Stewart Brand~"と始まる本書の冒頭に、英文タイプによる前書きがある通り、1968年にスチュワート・ブランド氏らによって刊行された「Whole Earth Catalog」にインスパイされ、”道具として便利である”、”創造性と関係がある”、”高品質あるいは価格に見合った価値がある”、”簡単に扱えるモノ”を厳選し、リスト化。 身の周りがモノでいっぱい・・という...
1
このカテゴリーに該当する記事はありません。