コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノ2006年08月

【ミラー】R.P.MILLER(Robert P.MILLER)Tシャツ

アメカジ・マストアイテムのTシャツと言えば、昔から「R.P.MILLER(ミラー)」。 ボディは「びよ~ん」と伸縮性ありのパネルリブニット。洗いたては「ピタッ」とフィット。 しかし、着用してしばらく経つと首元は「クタッ」。この絶妙加減はミラーならでは。 そしてなぜか、「体型が(格好)良く見える」という優れもの(?)Tシャツ。 ジャストサイズなら着丈は短めなので、パンツの「ベルト見せ」にちょうど良し。 スーツ...
2

2006年 8月21日~8月27日

更新サボってる言い訳は後ほど・・ということで 【MONCLER(モンクレー・モンクレール)】2006年秋冬 ダウンジャケット ナイキ Nike Free 5.0(V2) [Footwear & Socks]NewBalance レッドウィング ペコス RED WING RW-8866 [Clothing]Patagonia 【Sierra Designs】シェラデザイン ショートパーカー(8001B) 【Engineered Garments】Field Parka/フィールドパーカ [Clothing]CRESCENT [Footwear & Socks]Russell Mocc...
0

2006年 8月14日~8月20日

今週のページビューランキングです。 ナイキ Nike Free 5.0(V2) [Footwear & Socks]NewBalance 【MONCLER(モンクレー・モンクレール)】2006年秋冬 ダウンジャケット 【Sierra Designs】シェラデザイン ショートパーカー(8001B) 【Amplified(アンプリフィード)】ローリングストーンズ ロックTシャツ [Clothing]CRESCENT レッドウィング ペコス RED WING RW-8866 【BRIEFING】ブリーフィング PROTECTION 2WAY BR...
0

Rokx(ロックス)2006年秋冬、復活。

2006年秋冬から復活のアウトドア・クライミングウェアブランド、Rokx(ロックス)。グラミチの創設者であり、チーフデザイナーも務めていたマイク・グラハム氏が立ち上げた「Rokx」。その彼が古巣を去り、新しいブランドを起こした理由は 大きく育ってしまったグラミチでは、かつてのように自分の思うままの創作活動が出来なくなってしまったから・・。 自らがロッククライマーであり、自然の中でさまざまな経験によって生み出...
0

【DISCIPLE】ディサイプル Dカンパンツ 2006年秋新作

スタジオオリベの別ライン「DISCIPLE(ディサイプル)」。秋の新作が出たと 言うことで興味津々。そもそもは、行きつけの美容室にお客さんの忘れ物として 置かれていた雑誌ビギン。髪を切る間、「他人の」というのも忘れてパラパラと・・ そこに出ていたDISCIPLEの「Dカンパンツ」。 パンツのディテールについて結構詳しく載っていたので、担当の人との会話は 上の空で聞き流し、つい食い入るように読んでしまいました・・...
0

【Pyjama clothing】ピジャマクロージング CREW NECK S/S Tシャツ

普通のベーシックTのように見えるけど、カラダのラインにフィットするデザインで 「コレはなかなか」と思わせるPyjama clothing(ピジャマ・クロージング)。 夏なら一枚、それ以外の季節ならインナーに。または重ね着の対応にと 一年中困らない・・というか絶対必需アイテムが「ムジT(無地Tシャツ)」。 僕は一度気に入った無地Tブランドがあったら、「全色買い倒してやる!」 ぐらいな勢いで揃えだすほどの無地T好き。 ...
2

Sierra Designs 8001/シェラデザインのショートパーカー。

昨年は「シェラデザイン40周年」ということで、ペンドルトンのバッファローチェックがライニングの記念モデル・60/40マウンテンパーカー、デイパック・デイトリッパーの復刻、更に今年の春にはグレゴリーとのコラボなど話題も多かったシェラデザイン。 60/40(ロクヨン)マウンテンパーカーと言えば、揺るぎないアメカジ基本アイテム。最新のゴアテックスと比べれば、別物的に機能はかなり劣りますが・・マッキントッシュの「ゴム...
1

【MONCLER(モンクレー・モンクレール)】2006年秋冬 ダウンジャケット

MONCLER(モンクレー・モンクレール)のダウンジャケット。 8月のこの暑い最中、新作も含め「MONCLER・2006年秋冬コレクション」が 先行販売なども行われて盛況のようです。というか、皆さん早いっすね・・。 僕なんて、ポロシャツかプルオーバーの半袖シャツがセールで安くなってたら もう一枚ぐらい欲しいな~なんて考えてるところなのに。 と言っても、モンクレーのダウンは毎年シーズン中盤のころには完売・・ なんて...
1

【Amplified(アンプリフィード)】ローリングストーンズ ロックTシャツ

トランク・リミテッドのロックT。同じロックTでも今回はUK製の「Amplified」。 ずいぶん前になりますが、「ラッセルモカシン・ゼファーブーツ」のページで登場 していたBMWの「オヤジ」。なにげにこのブログを見て頂いてるらしく、先日 ご紹介しました「トランク・リミテッド」のTシャツが大変気に入ったとのこと。 正確には「気になった」だと思いますが。 当人が心配してることは「オッサンでも着れるかな・・」と。 ...
0

2006年 8月7日~8月13日

ここのところ更新サボってスミマセン・・って誰に向けて言ってるのか、自分でも 分かりませんが。というわけで「更新情報」にはなりませんが、トップページにある 「ページビューランキング」、とりあえず毎週5位まで載せてるのを個別ページで 10位まで載せることにしました。特に意味はありませんが、せっかく毎週リンクを 張り替えてるので、カタチとして残しておこうかなと。 それだけではページにするほどではありま...
0

【BRIEFING(ブリーフィング)】FLIGHT TOTE/フライト・トート バッグ

【BRIEFING(ブリーフィング)】FLIGHT TOTE/フライトトート(取扱店:BEYES) BRIEFING(ブリーフィング)2006年秋・新作の「FLIGHT TOTE」。 フライト・トートと言う名前からして分かるとおり、米軍のパイロットらが 持ち歩くトートバッグを参考にデザインされたと言うバッグ。 普段の使い勝手を考えるとコンパクトで「程よい大きさ」がちょうど良いのだが、 この「FLIGHT TOTE」は横長のデザイン(幅50センチ)で、か...
0

【TRUNK LTD(トランク・リミテッド)/TRUNK SHOW(トランク・ショウ)】ビンテージ・ロックTシャツ

TRUNK LTD(トランク・リミテッド)、TRUNK SHOW(トランク・ショウ)。 「ビンテージ・ロックT」の雰囲気をそのまま・・というか、ほぼ完璧に再現した TRUNK LTD(トランク・リミテッド)のTシャツ。生地の素材は、着古した感じを 演出するために、コットン以外にレーヨン/ポリエステルなども使い、そのうえ ビンテージ加工を施した、こりに凝った「ロックTシャツ」。  TRUNK LTD/トランク・リミテッド USA Site(www.tru...
0

【new balance】ニューバランス LM576UK W イングランド製

限定アイテムのイングランド製・ニューバランスLM576UK・W(ホワイト)。 「2006年8月発売」と、先行した情報があったことから待ち望んでいた人も 結構いるのではないでしょうか。僕の周辺でも「ほぴ~(欲しい)」と嘆きながら 訴える人もいます。理解に苦しむ言葉を使ってますが、気持ちは伝わります・・ イングランド製の576と言えば、USA製576と比べてシャープなカタチに定評あり。 ポテっとしたUS576に対し、イングラ...
0

【Arvor Maree】アルボー セーラーカラー ボーダーポロ

フランスの海岸沿いにショップを構え、サーフィン仲間や自分たち好みの洋服を 作ることから始めたArvor Maree(アルボー)。セントジェームスやオーチバルの バスクシャツにも通じる「フランスらしい」可愛い(?)デザインのアイテムが多く、 マリンウェアらしさが僕好み。 アルボーのラインナップにもバスクシャツはありますが、アルボーならではの特徴は 「衿モノ」が多いこと。プルオーバーのタイプにはBD(ボタンダウ...
0

【Technics(テクニクス)】ターンテーブル SL-1200MK5G

テクニクス/Technics SL-1200MK5GK(Amazon.co.jp) デジタル化された音楽が身近で「普通」になってしまった近ごろ。そんな時代にあえて塩ビのアナログにこだわる人にとっては、無くてはならないターンテーブル。DJなどプロユースはもちろん、一般ユーザーも含めて圧倒的に支持されているテクニクス(Technics)のアナログ・ターンテーブル「SL-1200シリーズ」。一家に1台・・いや、「一家に二台」が基本中のキホン。 テクニ...
0

【60HMR】ロクマル・エイチエムアール ロックTシャツ

「60HMR」。ROCKフリークによる、ROCKフリークのためのブランド。純国産。 ロックTといえば各アーティストのロゴや、アルバムのジャケットがモチーフで 定番。それはそれで僕も好き。だけど、60MHRのは「わかるヤツにはわかる」 といった、それぞれの思いがモチーフ。一見、ロックTには思えないデザインだが そこに何かを感じたら、それこそがスピリッツ。ロックは聴くだけでなく感じるもの。 ロックとの出会いは小学生の頃...
0
該当の記事は見つかりませんでした。