コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノT-shirt【TWO JUPITERS】トゥジュピター Hemp Tシャツ

【TWO JUPITERS】トゥジュピター Hemp Tシャツ

【TWO JUPITERS】トゥジュピター Hemp Tシャツ
【two jupiters】hemp tee(取扱店:楽天グラミチストア)

「トゥジュピター」。HEMP(ヘンプ)をいち早く日本で浸透させたアウトドア・ブランド
「Manastash(マナスタッシュ)」創設者ロバート・ユングマンが新たに立ち上げた
アパレルブランド。もちろんヘンプアイテムがメイン。彼がマナスタッシュを去り、
立ち上げに参加したブランド「Phateewear」よりも、初期のマナスタッシュを
継承するかのような商品構成で、今後に期待できるブランドです。

しかし、まだ日本での展開アイテム数が少なく、非常にやきもきした気分。
ファーストネーションズ(カナディアン・インディアン)アートがモチーフのTシャツを
見つけたけど、サイズが・・。アメリカのサイトでは、カラーやサイズも揃ってるけど
送料を考えると、高い買い物になる気が。やっぱ「足で探す」しかなさそうです。
バティック(ロウケツ染め)のTシャツも気になりますけど。

  • 【TWO JUPITERS】を楽天で見る
  • 【TWO JUPITERS】をヤフーで見る



  • 【Manastash】マナスタッシュ

    Manastashマナスタッシュ:1994年アメリカ・シアトルにてロバート・ユングマンと5人の仲間達と共に創設。「Hemp」を広める為、アメリカ北西部で行われるマウンテンバイクレースや小さなクライミングの大会へシボレーのVANに乗って出向き、マナスタッシュ最初の製品「Chenga」(首から提げる小さなコインウォレット)を売りながら野宿生活を満喫。

    その活動こそが「Hemp Tour」であり、マナスタッシュの始まりでした。スタイルはデッドヘッズさながら。まさにヒッピースタイルです。そんな影響なのか、初期の製品にはタイダイ物も多く見受けられました。「グレイフルデッド」、「タイダイ」、「アウトドア」が好きな僕は、一気にマナスタッシュのファンに。ヘンプ製品の虜になったのもマナスタッシュとの出会いから。

    ロバート氏がいなくなってからは、代理店も移り変わりが激しいマナスタッシュですが、今ではどうなっているのか・・。一応、今後も期待しているのですが。

  • 【Manastash】を楽天で見る
  • 【Manastash】をヤフーで見る


  • Hemp ヘンプ

    Hempヘンプ):アサ科の植物で・・要は大麻。綿栽培とは違い、農薬など化学肥料を必要としません。害虫や気候の変化にも強く、土中の有害物質を吸収・無毒化し、土壌の回復にも役立っています。

    ヘンプの繊維強度は綿の8倍、耐久性は4倍もあり、衣料品や紙に用いられています。また、種子から採取されるオイルは抗菌・免疫力を上げる作用があり、石鹸や化粧品、医薬品などに活用されています。昨今のエコロジーには必要不可欠な素材です。

    と、カタイ(?)説明ではありますが、僕が気に入っている点はヘンプ素材独特の「ゆるさ」加減。ゆったりとした着心地で、リラックス気分にさせてくれます。


    関連ページ:
  • 【TERRA PAX】テラパックス SPORTS PACK
  • 【Gramicci】グラミチ CARGA DENIM PANT
  • 【Birkenstock Papillio】 Zurich ビルケンシュトック チューリッヒ
  • 【adidas】NRTN H&L アディダス ノートンヘンプ

    関連記事
  • スポンサーリンク

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/178-28ea3c3a
    該当の記事は見つかりませんでした。