コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノOUTER/アウターSkookum Letterman Jacket/スクーカムのスタジャン(2014年12月10日更新)

Skookum Letterman Jacket/スクーカムのスタジャン(2014年12月10日更新)

SKOOKUM Letterman Jacket/スクーカム・レターマンジャケット(スタジャン)

Skookum のLetterman Jacket(スクーカム・レターマンジャケット)。Award JacketにVarcity Jacket、Sur-Coat(サーコート)など色々呼び名はあるけど、いわゆる通称スタジャン。着こなしの自由度が高く、固まりがちな?冬場のコーディネートに幅を広げてくれる重宝した一着。僕のスタジャン歴としては、Golden Bear(現GB SPORTS)にAlbion、Holloway、DeLong、スタジャンの意味合いとは違うかもしれないけど、VansonのTJなど。それらを差し置いて、羽織った際の動きやすさや、特にシルエットなど、”今までのとは全然違う”満足感を得た、Skookumのスタジャン。

SKOOKUM Letterman Jacket/スクーカム・レターマンジャケット(スタジャン)

Skookum Sportswear/Centralia Knitting Mills, Inc

Skookum(スクーカム)は1939年にアメリカのワシントン州、セントラリアにて創業した歴史ある老舗メーカー、 Centralia Knitting Mills社のブランド。Skookumブランドの始まりは、地元の大学や高校を中心に、カレッジファッションの代表的なアイテムであるアワードジャケット(スタジャン)や、レタードセーターの生産を始めたことから。ニットに用いられるウール糸は主に東海岸から調達し、メルトンボディに使われる織物はペンドルトン社から供給。また、”Skookum”とはインディアンの言葉で「最高」「究極」 という意味だとか。

同社は創業から三世代に渡る家族経営のファクトリー。従事するスタッフが30人にも満たないメーカーが世界的にも認知されるよ うになったのは、日本のマーケットによるものが大きいとか。その日本でも20年前までは知る人ぞ知るといった存在だったスクーカム。僕自身は、まだインポートアイテムの展開が主だった頃のネペンテスで取り扱いを知ったのが最初。その後のネペンテス別注にあった、ORTEGA(オルテガ)ブランケット仕様のサーコートは衝撃的だった覚えが。

ボディの生地・素材の選定をはじめ、ネックカラーの形状、カフのリブなどのパーツまであらゆるカスタムが可能。他メーカーもカスタムオーダーは基本中の基本。Skookumは単にカレッジ物に留まらず、スタイル別注や無理難題とも言えるカスタム要望に応えているのが強みとのこと。これは自動化された生産システムを避け、創業当時から変わらないハンドクラフトによる工程にこだわっているからこそだとか。

SKOOKUM Letterman Jacket/スクーカム・レターマンジャケット(スタジャン)

で、こちらは8年着用(2014年現在)のSkookumのスタジャン。ネペンテス別注定番(オリーブグリーン・メルトンボ ディ/ブラウンレザー・スリーブ)が本当は欲しかったのですが(今でも欲しい!)、こちらはそれをモチーフにしたのであろうと思われる一 着。

身長170・体重58キロの僕でサイズ34を着用、ジャストなサイズ感。サイズ36でも身幅に大きな違いは感じられませんが、 袖丈がダブつきます。もちろんタイトめではなく、34でもインナーにスウェットパーカぐらいは着られる余裕あり。

 【SKOOKUM(スクーカム)】を楽天で見る
 【SKOOKUM(スクーカム)】をヤフーで見る

SKOOKUM Letterman Jacket/スクーカム・レターマンジャケット(スタジャン)

身幅やスリーブが広く、野暮ったいシルエットが多いスタジャンの中で、Skookumのスタジャンはすっきりとしたシルエット。特徴は脇下のガゼット。ラグランスリーブにありがちな、ボディが引っ張られて腕の動きが妨げられる・・といったことはなく、動かしやすい。レザーが馴染んできた頃には、さらに良し。他のスタジャンで感じられていたストレスは皆無。

SKOOKUM Letterman Jacket/スクーカム・レターマンジャケット(スタジャン)

スクーカム・スタジャンの手入れ

着る頻度があまり高くないので、年数が経っている割にはアジは大して出ていません・・。その為?目に見える汚れも無さそうなので、8年着用の間に洗濯は2回ほど(クリーニング屋には出しません)。

洗濯方法は、大きめのタライにウール洗濯用の洗剤を入れ、水かぬるま湯のシャワーを当てながら洗剤を溶かしたころへ、水(ぬるま湯)にくぐらすようにスタジャンを入れます。この時レザー部分はなるべく濡れないようにする(結果濡れますが・・)。リブは多少もみ洗い。メルトン生地は擦ったりはしません。ゆっくり上下に持ち上げてくぐらせるか、数回の押し洗い程度。そのあとは同じ温度の水(ぬるま湯)でゆすぎ、念のため傷がつかないように袖を裏返し、ネットに入れて脱水。裏地に入った水が抜けてないので、タオルを押し当てて水分を取ります。

そのあとはハンガーは使わず、洗濯竿にかけて干して、だいぶ乾いたところでハンガーにかける。仕上げは当て布を使いスチームでアイロン仕上げ。で、最後にレザー部分にM.MOWBRAY(エム・モウブレイ)のデリケートクリームを塗りこみ、ポリッシングして完了。

普段(年に一回ぐらい)のメンテナンスはコメント欄に書いた通り、リブ部分を中性洗剤で揉み洗い後、ニットを洗う要領で押し洗い(多少の揉み洗いも)をして、干して乾いたらサドルクリーナーか、M.MOWBRAYのステインリムーバーでレザー部分をクリーニング。仕上げは洗濯時と同じく、M.MOWBRAYのデリケートクリームを塗りこみ、ポリッシングコットンで乾拭きして完了。メルトンボディはブラッシングのみ。

ちなみに、上の画像は年季(光沢)を演出したくて、同じくモウブレイのプレステージ・クリームナチュラーレ(ここではニュートラル色を使用)を薄く塗りこみポリッシング。

 【SKOOKUM(スクーカム)】を楽天で見る
 【SKOOKUM(スクーカム)】をヤフーで見る

ページ更新日:2007年10月15日
ページ更新日:2011年11月24日
最終更新日は2014年12月10日です。


関連記事
スポンサーリンク

10 Comments

来栖 says...""
昔の記事に申し訳ございません。

こちら(skookumスタジャン)の現在の画像をupしていただけませんでしょうか?

ご検討いただけると幸いです。
2011.11.18 21:20 | URL | #5BHOKMt2 [edit]
taro says...""
来栖さん、どうもです。

現在の・・といっても、大して着倒してないので、
”アジ”は殆ど見られませんが(汗・・どうしましょ?
2011.11.22 03:19 | URL | #qTOxrHgU [edit]
来栖 says...""
こんばんは。

よろしければ見せていただきたいです。

あと、質問が・・こちらはクリーニングに出してらっしゃいますか?
2011.11.22 22:01 | URL | #5BHOKMt2 [edit]
taro says...""
一応画像追加しましたけど・・
クタクタな良い感じまではまだ遠そうです。

ちなみにクリーニングには出さず
2回ほど自分で洗っただけです。
というか、近所のチェーン展開のクリーニング屋は
どうも信用できなくて・・(汗

僕の場合は、先にリブ部分を中性洗剤で揉み洗い後、
ニットを洗う要領で押し洗いをして、干して乾いたら
サドルクリーナーか、MOWBRAYのステインリムーバーで
レザー部分をクリーニング。

そんな感じですが、MOWBRAYのステインリムーバーの
注意書きに”バッグ、コート等靴以外のものには使用できません”
とあります(汗
2011.11.24 03:11 | URL | #qTOxrHgU [edit]
来栖 says...""
ありがとうございます!
ウール部は感じがよくなってますね。
やっぱりこの配色が格好良い。。。

チェーン展開のお店が信用できないの分かります。私は面倒ですが遠くまで出しに行ってます・・。

2011.11.24 21:27 | URL | #5BHOKMt2 [edit]
来栖 says..."更新"
恰好よい。
眺めながら一杯いきたいです。

当方、欲しい欲しいと思いながら買えておりません。
ボタンがマーブルだったり、リブがミックスだったり、34が入荷されなかったり・・。
34が入荷されていないところには、問い合わせますが、悲しくも予定はないという感じです。

何年言っているかわかりませんが、気長に探します。

それより、ネペンテスよりこちらのが恰好よいと個人的には。
2015.02.01 22:46 | URL | #5BHOKMt2 [edit]
taro says...""
来栖さん、こんばんは。
8年ものは酒の肴になりますか?w

ネペンテスにこだわるわけではありませんが、
やはりあのオリーブグリーンボディに惹かれています。
というか、今でも欲しいです・・。

僕も気長に探します。
2015.02.02 21:02 | URL | #qTOxrHgU [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.06.13 23:12 | | # [edit]
taro says..."Re: タイトルなし"
> はじめまして。
> こちらの記事と全く同じ色のサーコートが欲しくて探してます。
> どちらで手に入れられますでしょうか?
> もう何カ月も探してますが、見つかりません。個人的には、ネペンテス別注のものよりおしゃれです。


コメントが未公開扱いになってましたが、お名前を伏せてお答えさせて頂きますね。

僕のは楽天のCASANOVA&Co.さんというショップで通販で購入しております。
ショップページを拝見しましたが、今はスクーカムの扱いがないようで・・。

スクーカムのスタジャン自体、レギュラーのカラーリングで出ているわけでなく
インポーターの問屋さんなり、ショップさんでパーツごとのスワッチの中から組み合わせて
オーダーしているため、定番カラーというものが少なく、同じものを見つけるのも難しいですよね。

気長に待つことにはなりますが、取扱店さんによっては受注会を催し、
お客さん好みのカラーリングでオーダーできる機会もあるようなので
トライされてみるのも一つの方法かもしれませんよ。

お役にたてずすみませんm(__)m
2015.06.14 01:57 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.06.14 20:51 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/301-b7b051f1
該当の記事は見つかりませんでした。