コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノDelonghi/デロンギ【Delonghi】デロンギ・オイルヒーター(デロンギヒーター)

【Delonghi】デロンギ・オイルヒーター(デロンギヒーター)

【Delonghi】デロンギ・オイルヒーター(デロンギヒーター)

ついに(?)我が家もデロンギ(Delonghi)のオイルヒーターを購入する事に・・
って、まだ買ってませんけど。オイルヒーター(オイルラジエターヒーター)といえば
輻射熱と自然対流を使った暖房システムで、ヨーロッパでは定番の暖房器具。
というか、カタログ雑誌で有名な「通販生活」の定番とも言うべきでしょうか?

そんな事はともかく、目下検討中のDelonghi(デロンギ)のオイルヒーター。
購入動機の発端は、「エアコン使ってると、やっぱり喉が痛くなる・・」というもので
言いだしっぺは僕ではなくカミサン。以前、マンション暮らしだった頃に僕が一度
「デロンギヒーター買わない?」と提案したのですが・・

「あれって電気代高いんでしょ?そんなの要らない」
「・・・そうですか」

と、あえなく断念。今回は違います。って結局僕がお金出すんですけど・・
しかし、新しいモノを買うときって不思議と気持ちが踊り、たのしいです。

で、どれにしようかな~と調べると・・色々と種類があるんですね。
「L型フィン」や「X型フィン」、その他に電気ヒーターを使ったハイブリッド型だとか。
おまけに「こんなのもあるよ」と、TESYやらDIMPLEX、WARMなど他のメーカーの
オイルヒーターも探し出すカミサン。この時点で結構面倒くさくなってます・・僕。

結局は「新型(X型フィン・1500W)買っとけば良いんじゃないの~?」といった、
安直な答えが出そうな予感。まあ、色んな意味で「高い買い物」にならなければ
良いんですケド。

 【デロンギ オイルヒーター】を楽天で見る
 【デロンギ オイルヒーター】をヤフーで見る
 【デロンギ オイルヒーター】をamazonで見る



デロンギ(Delonghi):


1902年設立のヨーロッパ屈指の家電メーカー。最近こそ、モダンデザインの
キッチンツールで有名なデロンギですが、元は家庭用暖房器具として始まる。
オイルヒーター(オイルラジエターヒーター)は、ヒーター内部でオイルが循環し、
放射される熱で壁や床、身体などを暖めるといったもの。エアコンや他の暖房
器具と違い、空気が汚れないクリーンな暖房器具として知られています。

が・・電気代が高い・即暖効果がない、などの致命的(?)な点もあり。
しかし「日だまりがあるような暖かさ」は、魅力的。

X字型フィン・オイルラジエターヒーター
エッジをなくした最新型・フラット「X字型フィン」。コンパクトサイズでありながら
フィン表面積は従来の約2倍、表面平均温度は約65℃の低温化を実現。

D091549EF
 D091549EF
X字型フラットフィン 1500W 9フィン
3モード付き24時間ON/OFF電子タイマー付
【中国製】D091549EF
D071249EF
 D071249EF
X字型フラットフィン 1200W 7フィン
3モード付き24時間ON/OFF電子タイマー付
【中国製】D071249EF
D081569ECF
 D081569ECF
X字型フラットフィン 1500W 8フィン
3モード付き24時間ON/OFF電子タイマー付
【イタリア製】D081569ECF
D061269ECF
 D061269ECF
X字型フラットフィン 1200W 6フィン
3モード付き24時間ON/OFF電子タイマー付
【イタリア製】D061269ECF

L字型フラットフィン・オイルラジエターヒーター
フィンの表面積は従来型フィンと比べ約1.4倍に広げ、平均表面温度を
約55℃に低温化。安全性にすぐれた形です。

R731015EF
 R731015EF
L字型フラットフィン 1500W 10フィン
24時間ON/OFF電子タイマー付
【中国製】R731015EF
R730812EF
 R730812EF
L字型フラットフィン 1200W 8フィン
24時間ON/OFF電子タイマー付
【中国製】R730812EF
R730812TF
 R730812TF
L字型フラットフィン 1200W 8フィン
12時間ONタイマー付
【中国製】R730812TF
R910912CF
 R910912CF
L字型フラットフィン 1200W 9フィン
レトロ限定仕様
【中国製】R910912CF
TRS1015ECF
 TRS1015ECF
L字型フラットフィン 1500W 10フィン
24時間ON/OFF電子タイマー付
【イタリア製】TRS1015ECF
TRS0812ECF
 TRS0812ECF
L字型フラットフィン 1200W 8フィン
24時間ON/OFF電子タイマー付
【イタリア製】TRS0812ECF
R030812ECF
 R030812ECF
L字型フラットフィン 1200W 8フィン
24時間ON/OFF電子タイマー付
【イタリア製】R030812ECF
HG010915EC
 HG010915EC
L字型フラットフィン 1500W 10フィン
24時間ON/OFF電子タイマー付 ハイブリット型
【中国製】HG010915EC

と、いったようにモデル数はかなりのもの・・。
イタリア製・中国製とで品番が違うようですが、品質に違いはないようです。
当然僕は安いほうで十分OK。そんな感じで、安ければ即購入のつもりで
本日カミサンと電気屋巡りをしてきましたが、楽天価格には敵わないようで・・。

また、X字型とL字型で極端に性能に違いがないなら、安い方で良いかなと。
しかし、大きさは見た目的にもX字型のほうがずっとコンパクト。迷います・・


関連記事
スポンサーリンク

6 Comments

よろずや says...""
はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。
デロンギ・・・僕も欲しかったことがありますが、電気代が高いってのが引っかかって、諦めました。
ヨーロッパでは電気代がめちゃくちゃ安いから、普及しているとかも聞きますし。
体に優しいヒーターではあるとは思うんですけどね★
2006.12.16 08:40 | URL | #- [edit]
taro says...""
よろずやサン、はじめまして。デロンギのヒーターって実際はどうなの?と、買う前に使ってる人の意見を聞こうと思ったのですが・・使ってる人全然いないんですよね、僕の周りでは。ただ、過去に欲しいと思った人は結構いたのですが、やはり皆さん電気代が気になり見送ったようです。逆に、買ったら使い心地教えてね~と言われる始末。いわゆる「人柱」です・・。で、良くは解りませんが、デロンギ母国のイタリアでは電気代高いらしいですよ。ただ、日本家屋と違って機密性が高いので、熱効率は良いと聞きますよね。しかし、床が大理石で暖房がないと恐ろしく寒いらしいですけど・・
2006.12.16 16:57 | URL | #- [edit]
よろずや says...""
イタリアでは電気代高いんですかっ!?
これは失礼しました!
やっぱり日本ではまだまだ普及してないんですね。
もし購入されたら、使い心地とか暖かさの投稿、楽しみにしています。
2006.12.16 18:36 | URL | #- [edit]
taro says...""
了解しました!って悩んでないで早く決めないと・・(汗
2006.12.17 00:36 | URL | #- [edit]
電ボ says...""
はじめまして。デロンギのオイルヒータ(Ⅹ字1200W)を先日購入したものです。
確かに速暖効果はありませんが、24時間タイマーでほとんど問題なく使用しています。(速暖が欲しい時のみエアコン使用しています)
電気代は思ったほどかかっていません。以前からひと月2千円ほどのアップです。
ただ、ファンヒータを使わなくなったので光熱費は減少しました。(今は灯油1回18Lで1300円くらいでしょうか?)
ちなみに1日の稼働時間は合計5時間半ほどです。
僕ものどが弱いためファンヒータから思い切ってオイルヒータにしましたが…快適ですよ。プラス加湿器で万全の体制です。
僕の住んでいる静岡はあまり寒くないので平気なのかもしれませんが…。
参考になれば幸いです。

2006.12.25 23:16 | URL | #i/V0z7Do [edit]
taro says...""
電ボさん、はじめまして。レビューの書き込み有難うございます。で、僕も(X字の1500W)を一週間ほど前に買いました!というか・・だったら先にレビューを書けって感じですよね(汗 使い心地は電ボさんと同じく、暖かさに満足しています。暖かい空気に触れていると言うか何と言うか・・部屋全体(隅まで)暖まり、とにかく満足。僕自身、今までエアコンを使ってた場合は、目が乾き肌がヒリヒリしていたものですが、それが解消。音も無く、静かなのは良いのですが・・やっちまいました。出掛けのスイッチ切り忘れ(汗 カミサンにこっぴどく怒られましたよ。「音が静か」があだとなるとは・・ってヒーターのせいにしてはいけませんよね。この失敗からタイマー管理は必須ですね、少なくとも僕にとっては・・。
2006.12.26 15:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/320-8bb34334
該当の記事は見つかりませんでした。