コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノOUTER/アウター【SPIEWAK/GOLDEN FLEECE】スピワック・N3B(N-3B)

【SPIEWAK/GOLDEN FLEECE】スピワック・N3B(N-3B)

【SPIEWAK/GOLDEN FLEECE】スピワック・N3B(N-3B)

米国スピワック(SPIEWAK)社のブランド、ゴールデンフリース(GOLDEN FLEECE)のN3B。ミリタリージャケットの定番「N-3B」は、別名シュノーケルパーカとも呼ばれ、実際に軍に納入実績のあるアルファ(ALPHA)や、スピワック(SPIEWAK)のN-3Bが代表的。

一般的に有名とされるのはアルファ社のN-3B。僕も昔、フードのファーが白い
アクリルのものを持っていましたが、サイズは一番小さいSだったにもかかわらず、
全体的に大きくて幾ら中に重ね着しても下からスースーと冷たい風が・・。
そんな訳で、すぐに他人の手に。

対するSPIEWAKのN-3Bのサイズ展開は、30~58インチと広いサイズレンジ。
袖のダブつき(アルファのものに対して)が抑えられていてジャストのサイズ選びが
出来ます。シェル素材は、定番のミルスペックに準するナイロンサテンのほか、
コットンキャンバスなどもあり、フードにはコヨーテのリアルファー。また最近では
アルファに負けまい?と細身のタイプもありますが、アルファのモデファイN3Bほど
タイトではないようです

10年少し前ですが、コヨーテ保護の為、SPIEWAKのN-3Bからコヨーテファーが
なくなるといった話し(噂?)もありましたが今でも健在。「メイドインUSA」なのも
健在。最近知ったのですが、アルファの製品ってUSAじゃなくなってたんですね・・
「メイドインUSA」なら何でも良い訳ではありませんが・・やはりショックです。

SPIEWAK&SONSGOLDEN FLEECE):
創業100年以上を誇る「SPIEWAK」社は、1904年ニューヨークにて設立。
過去四度の戦争において、アメリカ軍にミリタリーウェアーを納入。1963年に
同社が開発したTITAN CLOTH(タイタン・クロス)ジャケットは、破壊できない
アウターとして業界に衝撃を与え、アメリカン航空や全米主要都市の警察に
採用、またハイウェイパトロール、国境警備隊などの正式ユニフォームとして
現在も納品。アメリカのバーニーズでもSPIEWAKの取り扱いがあるのは驚き。

 【SPIEWAK N3B】を楽天で見る
 【SPIEWAK N3B】をヤフーで見る

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/330-e290db4d
該当の記事は見つかりませんでした。