コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノKnit/ニットANDERSON&CO EVEREST E-1/エベレスト・シェットランドセーター

ANDERSON&CO EVEREST E-1/エベレスト・シェットランドセーター

ANDERSON&CO EVEREST(エベレスト・シェットランドセーター)

イギリス・ANDERSON&COのEVEREST(エベレストシェットランドセーター)、「E1 EVEREST CREW」。1953年、エドモンドヒラリー卿がエベレスト初登頂の際に、自身と遠征隊員用に過酷な気象条件でも耐えうる、軽くて強く機能性に優れたシェットランドセーターを作らせたことが、EVEREST(エベレスト)という名前の由来。

ANDERSON&CO EVEREST(エベレスト・シェットランドセーター)

シェットランドセーター(Shetland Sweater)はスコットランド北方に位置するシェットランド諸島が原産地。素材の特徴は軽くて柔らかく、独特なフワフワ感。僕の知るところで有名なのは、マックジョージ、ピーターブランス、ジョンタロック、インバーアラン、ドナチー(最近は見ませんね・・)、それとフェアアイルセーターと言えばのジャミーソンズなどのブランドがあります。

ANDERSON&CO EVEREST(エベレスト・シェットランドセーター)

エベレストセーターはリアルシェットランドと呼ばれる本物のシェットランドセーター。純粋種のシェットランドシープから僅かにしか採れない貴重なウールのみを使用し、さらに「Fine」「Middle」「Rough」に選別されるなかでも最高の「Fine 」グレード。そして、縫い跡なく一体に編み込まれた「フルシームレス」が、エベレストセーター最大の特徴でしょう。

ANDERSON&CO EVEREST(エベレスト・シェットランドセーター)

機械編みによるシームレスは、単に輪編みなので難しく無いらしい(?)のですが、「フルシームレス」となると手編み、しかも減らし目などが入ると計算が厄介なため相当難しいとのこと。もちろんエベレストセーターは熟練職人による手編みのもの。微妙にざっくりとし、微妙に野暮ったさがある雰囲気に歴史を感じます。

 【EVEREST SWEATER】を楽天で見る
 【EVEREST SWEATER】をヤフーで見る


関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/332-83f1a1c0
該当の記事は見つかりませんでした。