コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノ雑貨/zakka【Coleman】コールマン・ガソリン式ランタン

【Coleman】コールマン・ガソリン式ランタン

【Coleman】コールマン・ガソリン式ランタン
【Coleman】コールマン・ガソリン式ランタン(取扱店:amazon.co.jp)

キャンピング・ランタンはアウトドアに欠かせないモノのひとつ。その代表的なのが
「Coleman(コールマン)」のランタン。現在はメンテナンスの要らない蛍光管など
を使った電池式ランタンや、ガスカートリッジ式のランタンもあり、用途によっては
便利ではありますが、Coleman(コールマン)と言えばやはりガソリン式のランタン。

空気を充填するためのポンピングなど着火に手間(?)はかかりますが、それは
一種の「儀式」みたいなもので、ワイワイガヤガヤと大勢で行くキャンプなどでは
「着火は俺がやる、いやオレにまかせろ」と奪い合いになるほど(?)。

そして無事火を灯し、料理の手伝いはそっちのけで「ふう~」と一息。
まるで大役を終えたかように、満足感に浸りながら缶ビールをゴクっと・・
ウマいっす。灯されたランタンを見ていると「優雅な時間を使ってるな~ゴクッ」
と、日々のストレスから開放された気にもなります。ビールの美味さもひとしお。

さて・・そのホワイトガソリンを使ったコールマンの定番は、ワンマントルの「286A」。
そのほか2マントルで大光量の「288A」や「290A」などもあります。しかしそれは
現行モデルの話。古いランタンだと、1920年代製(現役で使えるもの)なども
あるそうですが、「現行モデル」から先はコレクター・・いや、マニアの世界。

けっして踏み入れてはならない領域(と、自分に言い聞かせてみる・・)。
しかし、燃料タンク(ランタン下部)が、ピカピカのクローム仕様なんてのは
コレクターでなくても、一目見たらウットリするほどのシロモノ・・。

 【Coleman ランタン】を楽天で見る
 【Coleman ランタン】をヤフーで見る

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/343-a1139a8e
該当の記事は見つかりませんでした。