コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノSUTUDIO ORIBE【STUDIO ORIBE(スタジオ・オリベ)】UB7936・Gジャケット

【STUDIO ORIBE(スタジオ・オリベ)】UB7936・Gジャケット

【STUDIO ORIBE(スタジオ・オリベ)】UB7936・Gジャケット(ジップジャケット)
STUDIO ORIBE(スタジオ・オリベ)UB7936・Gジャケット(取扱店:Tokyo Life)

この季節に欲しくなるのがデニムのジャケット。いわゆるGジャン。以前から
リーバイスの3rdモデル(デッドストックで)を物色しているのですが、中々良い
頃合の値段ではでてきません・・ちなみに60年代の「557」ではなく、60年代
後半ごろの着丈が少し長くなった「70505」でBIG-E。この頃までのはデニムの
染色も濃く、縁(ふち)に白いアタリがでてくるとボディの濃いデニム色との濃淡が
絶妙で・・と、マニアックでスミマセン・・。

と、それは置いといて・・STUDIO ORIBEスタジオオリベ)の
Gジャケット。ラングラーのセカンドモデル・24MJZをモチーフとしたジャケットで、
ストレッチ性のあるコットン生地を使ったタイトめなジャケット。

同様なものには、ビームスの復刻バージョンがあったり、あと・・どこだっけ?
と他でも(汗)モチーフに使われているラングラータイプのジャケットがありますが、
スタジオ・オリベのはフロントのアクションプリーツなど既にアタリが付いています。
シルエットは細身。そしてオリベならでは(?)の袖口ファスナー仕様。
昨シーズンの秋冬にはコーデュロイ素材のもあったようで。

楽天のEXPLORERさんで濃色デニムとのコーディネートを見て、
「王道なスタイルだけど、久しぶりにこういうのも良いな~」なんて思ってたりします。
以前ならレッドウィングのエンジニアやアイリッシュセッターなどのワークブーツで
合わせていたのですが、大人になった(?)今ならオールデンやトリッカーズなどの
茶系色ブーツとのコーディネートだったらキレイめにイケそうな感じかと。
まあ、どちらも持ってませんが・・と、妄想は膨らむばかり。

 【STUDIO ORIBE】を楽天で見る
 【STUDIO ORIBE】をヤフーで見る
 【STUDIO ORIBE】をTokyo Lifeで見る

このページの最終更新日は2007年10月8日です。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/354-3c994199
該当の記事は見つかりませんでした。