コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノConverse【Converse for United Arrows】UA別注・チャックテイラー

【Converse for United Arrows】UA別注・チャックテイラー

【Converse for United Arrows】UA別注・チャックテイラー

ユナイテッド・アローズ(UA)が復刻させた「コンバース・チャックテイラー」。2003年に初回復刻、その後はエナメル版が発売されるなど今回で3回目。

ベースとなったのは「良き頃のもの」とされる70年代のコンバース・オールスター(チャックテイラー)で、当時の木型を採用し再現。お馴染みのヒールパッチはもちろんのこと、ライニングを補強するための「あて布」と「ステッチ」も健在。

オリジナルは厚みのあるキャンバス地、爪先にあるラバーキャップが小さめ、トゥ全体を覆うラバーテープも厚みがあり幅も広め。そして、つくりが雑(笑 特徴のひとつでもあるサイドのステッチが、ラバーテープに隠れて埋もれてる場合もあるぐらいですから。ある意味、それを「アジ」とも言いますが・・。

一方、UA復刻版のチャックテイラーはつくりが「キレイ」。というか、キレイすぎ。オリジナルでは「ありえない」と言うほどのきれいな縫製、ラバーテープの取り付け位置、左右対称のディテール。本来製品としてはこれが普通ですが・・

と言うわけで(?)UA店頭にてあっさり入手。4年前の初回時は「どうせ復刻」と気にも留めてなかった自分ですが・・


アローズ・チャックテイラー「ヒールのパッチ」

ヒールの黒パッチ。復刻だから付いていて当然。今更パッチがどうのこうのと言うこともありませんがこれが無くては「チャックテイラー」とはいえません。


アローズ・チャックテイラー「プレイヤーズネームタグ」

タン裏側にプリントされた「プレイヤーズネームタグ」オリジナルは左右どちらかのみにプリントされていたはずですが、復刻版は両足にプリント。なぜ?


アローズ・チャックテイラー「サイドステッチ」

ライニングに配された補強用の「当て布」を留めるためのサイドステッチ。80年代に入ると、補強布は廃され「飾りステッチ」のみになります。しかし・・70年代頃までのステッチは、もっと大きなアーチに なってるはずなんですけど。


アローズ・チャックテイラー「ライニング」

と、少々辛口なコメントですが・・細身なラスト、爪先にあるラバーキャップが小さめ、トゥ全体を覆うラバーテープも厚みがあり幅も広め、キャンバス地も厚みのあるものを使用しているなどオリジナルを知っている(分かっている)人でも納得できるつくりではないかと。なかなか侮れないです。


アローズ・チャックテイラー「グリーンとサックス」

2007年3月に続き、5月に発売されたサックスとケリーグリーンの第2弾カラー。前回と同じように ZOZOTOWNでも発売されましたが・・即完売。店頭ではどうなんでしょう?(グリーンは完売・・)

ちなみに前回カラーの「ナチュラル(ホワイト)」は店頭もしくはUA直営の「LICLIS」にて現在も販売中。

 BEAUTY&YOUTH(LICLIS)
 UNITED ARROWS(ZOZOTOWN)

「無いものねだりの妄想」としては、70年代当時にあったスクールカラー全色出ないかな~なんて。エンジとか、黄土色のマスタード、パープルがあったらヨダレでちゃうかも。ありえないですね絶対・・。


このページの最終更新日は2007年10月7日です。
関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/358-b9c10016
該当の記事は見つかりませんでした。