コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノその他シューズ【Der SAMMLER solo(ザムラー・ソロ)】キャンバススニーカー

【Der SAMMLER solo(ザムラー・ソロ)】キャンバススニーカー

【Der SAMMLER solo(ザムラー・ソロ)】キャンバススニーカー/ハイカット
【SAMMLER solo(ザムラー・ソロ)】キャンバススニーカー/ハイカット(BEYES)

昨年、ヘビーデューティブランド(?)の「ロッキーマウンテンフェザーベッド」を復活
させた「35 summers(サーティファイブ・サマーズ)」。一方でその代表取締役の
寺本氏がデザイナーを務める「Der SAMMLER soloザムラー・ソロ)」。

Der SAMMLER solo(ザムラー・ソロ)のラインナップは、寺本氏が収集した
デッドストックの生地やパーツを使ったアイテムが特徴。

コンバースのジャックパーセルをモチーフとした、このキャンバススニーカーも然り。
旧西ドイツ軍のトレーニングシューズのラストを使用し、細身でクラシックな
シルエットが特徴。アッパーに用いられたキャンバスは、どちらも1950年代頃の
サープラス物の生地(カーキがフランス軍、カモフラはチェコ軍のものだそうです)。

新品にしてビンテージ物の雰囲気を醸し出しているのは言うまでもありません。
たとえビンテージのジーンズに合わせたとしても、見映えで負けることはないと
思います。もちろん「コテコテ」のコーディネートではなく、さりげなく履いたほうが
存在感は引き立つかと。

【ザムラー・ソロ】デッドストックファブリック・スニーカー/ローカット
【ザムラー・ソロ】キャンバススニーカー/ローカット
こちらはローカット版。まんまジャックパーセルな感じ
ですが、ラバー部分の配色が違うだけで本家のよりも
数段かっこよく見えてしまうのは僕だけでしょうか?
以前何かの雑誌で見て一目惚れ。

ちなみに、ハイカット・ローカットとも製法は生産性の悪さによって廃れつつあった
「バルカナイズ製法」によるもの。素材・木型・製法にこだわった一足。

 【SAMMLER】を楽天で見る
 【SAMMLER】をヤフーで見る
 【ザムラー・ソロ】をBEYESで見る

「デッドストックのフランス軍・テント生地」と聞いて、ゴツくて厚手な素材を
想像していたのですが、実際に手にしてみると薄手なジャケットやシャツにも
使えそうな厚さ。ライナーのキャンバス地(こっちの方が厚手)と張り合わせる
ことによってちょうど良い生地感。ネップのような糸ムラやサビも「アジ」のひとつ。

シルエットは細身ですが、標準的な足入れ感。「足入れ狭そうだな~」と
思って27センチを注文したが結局26センチに交換。爪先余りすぎでした・・。
で、履き心地は軽め。ちなみにアッパーにあるサイドステッチは飾りステッチで
当て布はありません。

最近スニーカー買いすぎ・・と十分自覚しているのですが止められません・・。
ちなみに買ったのはハイカットの方。「一目惚れ」のローカットも、頃合をみて
当然(?)いくつもり。時期を置くのはカミサンの目が厳しいから(汗

関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/366-82aa9d21
該当の記事は見つかりませんでした。