コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノNewBalance【New Balance(ニューバランス)】限定M1700UK/クロコダイル

【New Balance(ニューバランス)】限定M1700UK/クロコダイル

【New Balance(ニューバランス)】限定M1700UK/クロコダイル
New Balance(ニューバランス)M1700UK(取扱店:OSHMAN'S ONLINE)

ついに(?)発売が開始されたニューバランスNew balanceM1700UK
イングランド製モデルのM1700としては、前回(2002年)の東京リミテッドを含め
3度目の登場。昨年、「イングランド製のM1700が復刻される」との話しを聞き
待ち焦がれていたスニーカー、M1700UK。

アッパーにはホワイトベースと、ブラックベースのモノトーンカラーを採用。
クロコダイル柄の型押し加工レザーを使用することでラグジュアリーな雰囲気。
しかし、思っていた(期待してた)のとは・・。おそらく僕以外にも同じ気持ちの
人は少なからずいることでしょう。(昨年どこかで見た画像で既にヘコみ済み)

「とりあえず現物確認を」と、落胆した気持ちを引きずりつつ向かった先は
新宿のオッシュマンズ。実際手にした感想は・・「意外と良いかも」に転向(笑

New Balance(ニューバランス)M1700UK/クロコダイル/ホワイト
つくりは正直見た目は「ちゃちい」感じがしますが
ブラックの方はエンボスがくっきりしていてテカリも
あります。逆にホワイトのはクッキリさが抑え目に
思えます。僕的にはホワイトの方が好感触。

アメカジ的なコーディネートと言うよりは、タイトめシルエットの軍パンやデニム、
トップスはジョンスメのポロシャツ。といったキレイめなコーディネートに良さそう・・
とその場で妄想タイム。目線を移した先にはアジア製の1700。こっちの方が
つくりはキレイですね・・。あと、先ごろマイナーチェンジしたコードバンカラーの
M576CD」も良さ気です。とまあ、とりあえずその場は退却(汗

1999年に1000番台シリーズの最高峰モデルとして登場した「M1700」。
最初に発売が開始されたのはUS製M1700。それを追う形でヨーロッパ向けに
登場したイングランド製モデル。USモデルに比べ、トゥの形状が若干シャープ
なのが特徴的。また、両モデルとも現在の最高峰モデルM2001と比べても
「遜色のない履き心地」と絶賛されているモデルです。

 【ニューバランス】を OSHMAN'S ONLINEで見る
 【New balance M1700UK】を楽天で見る
 【New balance M1700UK】をヤフーで見る

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/379-b41b13cf
該当の記事は見つかりませんでした。