コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノLacosteLacoste(ラコステ)OMAR/イタリアンフィットのポロシャツ。

Lacoste(ラコステ)OMAR/イタリアンフィットのポロシャツ。

【Lacoste(ラコステ)】OMER/イタリアンフィットのポロシャツ。

再びラコステのポロシャツ。先日「ペルー製とモロッコ製(EU製)との違い」と題してみたのですが、「日本製のラコステはまだ受け入れがたい」というのが正直な気持ち。では「なぜダメなの?」な訳ですが、別に日本製が悪いと思ってる訳ではありません。カラーバリエーションは当然ライセンス展開の方が多く、逆にインポート品だと定番色ぐらいしか扱ってなかったりしますからね・・

そして「受け入れがたい」とする明確な答えを自分なりに数日間考え、悩んで?みたものの(こんなことで・・)結果見つかりませんでした(汗

そもそもなぜ「フララコ」、「フレンチラコ」なのか。ご存知のようにポロシャツの原点(オリジナル)と言えばラコステのポロシャツ。これが理由ではありません。僕なんかの世代で流行ったポロシャツというと、ラルフ、フレッドペリー、そしてアメリカ製のIZODラコステ。僕もこれらのポロシャツはもれなく全て着たクチ。しかし、すぐに型崩れはするし色落ちもする。それも「アジ」なんですけど。

そんなポロシャツが多い中で、「フレンチラコ」と呼ばれるフランス製ラコステのポロシャツは型崩れや色落ちがしにくいもの。また、着丈や身幅のバランスも良く、すっきりとしたデザイン。僕が「良い」と思う理由もこんなところでしょうか。

余談ですが、僕の周辺で日本製のラコステを着ている人はまだいないようです。実際に「ラコステのポロシャツ買うとしたら日本製?それともインポート?」と聞いてみたところ、全員がインポートとの答え。理由は同じく「なんとなく・・」。ふと思ったのは、皆フランス製のラコステを着た(持ってる)人たちばかり。フランス製を着なかった人に聞いたら、また違った答えが返ってきたかも。

と、前置きがだいぶ長くなりましたが・・ラコステLacoste)の「OMAR」。楽天Explorerさんに入荷した今季初登場の「イタリアンフィット」のポロシャツで定番のL1212よりも薄手の生地、袖丈、着丈が短めになっています。とのこと。

僕と同じように「なんとなく・・だけどラコステはインポート」と思ってる方にいかがでしょうか?そのほか「銀ラコ(シルバーラコステ)」、インポート扱いならではのボーダーポロや、「L1212」も定番色以外のバリエーション(37色)もあるようです。

 楽天Explorerで【Lacoste】を見る

関連記事

2 Comments

ラッコちゃん says...""
単純に「ライセンス」つーのを皆心の奥底で僅かながらヒケメと言うか意識されているんじゃないかと思います>ファブリカラコステ選ばない理由

あと以前の撤退した第一日本ラコステ(不評ワニロゴの)の不評ぶりも関係しているんじゃないかと思います。

個人的に今手に入るラコステだったら日本ラコステが一番丈夫です。唯一微妙とされていたサイズ具合も最近は改善してきているので最強かと。

ただ「味」の視点で見ると最弱かもしれません。
2007.05.10 02:18 | URL | #hdGsHuvw [edit]
taro says...""
ラッコちゃんさん、コメント有難うございます。おっしゃるとおり、たしかに「なんとなく」と言う言葉のなかに「ヒケメ」というのも含まれているかも。それと僕自身も昔のロゴの入ったワニマーク、平場展開のゴルフウェア・・というイメージが付きまとっています(ライセンスに対して)。今では代理店さんも変わり、媒体や直営、セレクト系ショップでの展開と、それまでのイメージを一新する動きなどを見て「殻」はとれているんですけどね・・。あとは、ひけらかす事のない「自己満」を解きほぐすだけ。日本製についてのレビューは周りに着ている人がいなかっただけに参考になりました、有難うございますm(__)m
2007.05.10 02:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/381-79eca17d
該当の記事は見つかりませんでした。