コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノその他シューズ【チャーチ(Church's)】PETER/ボートデッキシューズ

【チャーチ(Church's)】PETER/ボートデッキシューズ

【チャーチ(Church's)】PETER/ボートデッキシューズ
【チャーチ(Church's)】PETER/ボートデッキシューズ(取扱店:BEYES)

英国老舗シューズメーカーチャーチChurch's)のデッキシューズPETER
こちらはイギリス・ノーザンプトン工場での製造ではなく、イタリア生産によるもの
だとか。かつてのチャーチの面影・・と言ったものはともかく、品のあるシルエットは
他のボートデッキシューズとは一線を画すモノのように思えます。

チャーチの代理店である渡辺産業さんのページによると、「甲の部分が長く、
足の入り口が小さくなっています。これが、スマートに見えるツボです」との事。
だからといって流行りのロングノーズになっている訳ではなさそうです。

パラブーツのデッキシューズと見比べると、パラブーツのシルエットだって決して
野暮ったくないのですが、チャーチの方がシャープさが際立つため、バタ臭く
感じます。やはり、インコテックスやGTAなどの「細身すっきりシルエット」な
パンツとの相性が良さそうに思えますが、どうでしょうか?

【Church's PETER】チャーチ/ボートデッキシューズ
BEYESでは2色展開(今はホワイトのみ)、
渡辺産業の直営(実店舗)では左画像の
ようなカラーリングのほか、ブラウンベースに
羽(?)がホワイトなど、よりドレスっぽい
雰囲気のもあるようです。ただ、チャーチに
しては値段は安いのですが、他メーカーの
デッキシューズの価格帯と比べると2倍・・。
それだけに、所有する優越度感は高いと
思いますが・・。

ちなみに先日買ったパラブーツのデッキシューズ、機会がなく未だ履いてません。
鏡の前であれやこれやと合わせていますが、個人的に落ち着くのはヤッパリと
いうか・・リーバイス501。どうしてもアメカジっぽさから抜けられません・・というか、
何にでもイケてしまう501がすごいのでしょうか?

 【チャーチ】をBEYESで見る
 【Church's】を楽天で見る
 【Church's】をヤフーで見る

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/390-328c523b
該当の記事は見つかりませんでした。