コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノMerrell【Merrell Wilderness】メレル・ウィルダネス(トレッキングブーツ)

【Merrell Wilderness】メレル・ウィルダネス(トレッキングブーツ)

【Merrell Wilderness】メレル・ウィルダネス(トレッキングブーツ)
【MERRELL Wilderness】メレル・ウィルダネス(取扱店:BEYES)

メレルのトレッキングブーツ・ウィルダネスMerrell Wilderness)。
このブーツを「ワイルダーネス」と呼んでいたのは昔の話。そんな事はさておき、
メレルのトレッキングブーツの中でも、最高峰にランクされる「ウィルダネス」。
アメリカのバックパッカーマガジンに評価されたのは有名な話で、メレルにおいても
原点であり定番。ダナーのマウンテンライトやダナーライト同様、歴史あるブーツ。

アッパーはオイルドレザー、ソールはビブラム、ウェルトのステッチは太めで
ダブル。ヨーロッパのクラシックブーツを思わせるデザイン(フォルム)は街履きでも
スッキリして見えます。また、「軽登山」をターゲットとしている為、ソールの厚さは
さほど感じられず、アスファルトの上でも歩きやすいものとなっています。

そして今年、新色としてオリーブが追加。オールレザーのトレッキングブーツは
今後も良さそうな気配ですので、秋に向けて?「物欲リスト」に挙げてみては
いかがでしょうか。ちなみに「メレル・ウィルダネス」の生産国はもちろんイタリア。
トレッキングブーツの生産は、昔から変わらずイタリアが本場です。

 【Merrell Wilderness】を楽天で見る
 【Merrell Wilderness】をヤフーで見る

スカルパ・シェルパ
クラシックなトレッキングブーツといえばスカルパの
「シェルパ」も外せません。こちらも長年にわたり
定番とされるブーツ。インポート物のトレッキング
ブーツの木型は、日本人の足には合わないと
されていますが、シェルパは幅広で履きやすいとか。
「俺は典型的(日本人的)な幅広・甲高だけど、
マウンテンライトより全然シックリくる」とは会社の
上司の弁。見た目よりも軽い履き心地とのこと。
モントレイルのMoraine Classic
こちらは約10年前、衝動的に購入してしまった
モントレイルの「Moraine Classic(現在は廃盤)」。
デザインその他オーソドックスですが、足入れ感は
すんなりフィット。しかし・・購入後ろくに馴らしもせず
履いてみたところ、ガシガシとアキレス腱を攻撃。
という訳でまだ3回の着用のみ。ほぼ?新品。(汗
上のシェルパ同様、MoraineもメイドインITALY。
関連記事

3 Comments

ゴエモン says...""
こんにちは。紹介されていたのを参考にさせて頂き先日ダナーライトを購入し登山に行ってきました。やっぱり間違いないですね。縄文杉をダナーライトで見に行って大活躍しました。ところで、よかったら意見を聞かせて頂きたいのですが、メレルのウィルダーネスを買いたいと思っていて、ダナーライトが27.5cm、ニューバランス1300,1500,1700だと28.5cmなんですが、ウィルダーネスと比べて如何でしょうか?登山にも使うので見た目よりも作り重視でなかなかサイズのある店舗がなく履けないので困っていましてよければ教えて頂きたいと思いました。よろしくお願いいたします。
2008.04.30 17:00 | URL | #- [edit]
taro says...""
ゴエモンさん、どうもです。ウィルダーネスはダナーライトと同じサイズか、ハーフサイズアップが選択範囲内かと。僕の場合ですとダナーライトが7で、ウィルダーネスも同じサイズ(試着のみですが)でした。ただし、微妙に細い気がするんですよね・・。もしネットで購入という事でしたら、ダナーライトも在庫しているショップ(グラミチストアなど)でご相談される事をおすすめします。スタッフの方に両方を試着してもらうとか・・。今日明日にでも購入!という急な用途でなければ、両方扱っているお店がすぐ近所にあるので、僕も再度試し履きに行って後ほどご報告します。

縄文杉ですか~、僕も屋久島へ見に行きたいんですよねぇ。人生観が変ると言いますが(友人談)本当ですか?(w
2008.05.01 09:37 | URL | #qTOxrHgU [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.05.01 12:20 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/397-d15a49a8
該当の記事は見つかりませんでした。