コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノLAVENHAM【LAVENHAM】ラベンハム キルティングジャケット

【LAVENHAM】ラベンハム キルティングジャケット

LAVENHAM ラベンハム キルティング
LAVENHAM(ラベンハム)FLANNEL QUILTING COAT(フランネルコート)(取扱店:楽天LITTLE TREASURE)

キルティングジャケットと言えば「LAVENHAM(ラベンハム)」。有名なところでは
マッキントッシュやバブアーなどもあり選択に迷いますが・・。以前はスーツの上に
羽織るなら「マッキントッシュ」。カジュアルに着るなら「ラベンハム」と棲み分けが
あったと思うのですが、近頃は「どちらでも構わない」といった傾向のようです。

「ラベンハム」はキルティングが専門な上、生地も自社工場生産なので
スタイル別注などの要望に十分応えられるのが、ラベンハムの強みかと。

僕はスーツ用にラベンハムを購入しようとショップへ出向いたのですが、
腕周りやボディのタイトな感じが気に入り、着る機会が少ないスーツ用に
しておくのはもったいないと思い、サイズを1つ落としてカジュアル用に購入。
おかげで冬場にスーツの上に羽織るものはたいしたものがなく・・。

次回はマッキントッシュ。と、心に決めているつもりですが、キルティング生地の
バリエーションが豊富で魅力的なのはラベンハム。買う頃にはまたラベンハムに
心移りしてそうな気が。多分、ゼッタイ。




LAVENHAMの正規輸入代理店は渡辺産業
LAVENHAMの日本代理店である渡辺産業が運営する
オンラインショップ、「decentages」。Lavenham以外に
同社が代理店を務める「TAMPICO」、「GLENROYAL」、「POKIT」などの取り扱いもあり。

そういえば・・「キルティングジャケット」って、昔は(今も?)「ハスキージャケット」と
呼んでましたが、いつのまにか言わなくなったような・・。因みに、ハスキージャケット
(キルティングジャケット)は元々、乗馬をする貴族夫妻のために、アウターとして
作られたのが始まり。その貴族夫妻の愛犬の名前「ハスキー」が由来なんだとか。


このページの最終更新日は2007年9月6日です。
関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/40-313c3aeb
該当の記事は見つかりませんでした。