コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノT-shirt【ast(エイエスティー)】ハイツイストコットンストレッチTシャツ

【ast(エイエスティー)】ハイツイストコットンストレッチTシャツ

【ast(エイエスティー)】ハイツイストコットンストレッチTシャツ
【ast(エイエスティー)】ハイツイストコットンストレッチTシャツ(ast online)

ウェイト違いの生地素材を使った3パックTシャツなどでお馴染みの「wjk」。
それらブランドのニットアイテム生産を請け負う一方、「スタンダードでありながら
着心地が良く、高い機能性を持ち、着た人がそれを実感できる物造り」をテーマに、
ニットウェアを中心に自身のブランドを展開する「ast(エイエスティー)」。
トレードマークは「*(アスタリスク)」。

「街乗りで似合うサイクリングウェア」ってないかな~と探していたところで見つけた
ast(エイエスティー)のTシャツ。デザイナー自身も自転車乗りだとかで、ブランドの
ラインナップにサイクルジャージもあり。といって本チャンのサイクリングウェアでは
ありません。コレ着て自転車乗っちゃたらカッコいいな~と言った感じ。

現に、取扱店の横浜・グリーンサイクルステーションさんでは「非リアルアスリートな
普段使いのスポーツウェア(自転車生活の理想型ウェア)」として紹介されてます。
もちろん、飛びついたのは言うまでもありません。僕のイメージにぴったりとハマッた
理想型ウェアでもあります。といっても軽~く流す「街乗り仕様」ですけど。

素材はハイツイストコットンとポリウレタンを使用したハイゲージニット(14ゲージ)。
ハイゲージというと、スメドレーなど薄手な生地をイメージされるかもしれませんが、
Tシャツで例えると「厚手なリブ編みTシャツ」といった感じ。ストレッチ性も十分あり。

後ろ身頃(肩)には立体感を出す「いせ込み」、脇は「減らし目」、身頃合わせは
かがりによる「リンキング」。背中の中心と肩には「針抜き」によるライン・・といった
ニット屋さんならではのコダワリ(意地?)が感じられます。単にTシャツと言うより、
「ニット技法によるTシャツ」と言ったほうが良いかなと。そもそもTシャツもニット・・(汗

肌に触れる裏地はシャリ感があり、サラッとした着心地。シルエットは身体のラインに
沿ったぴったりとしたもの。ストレッチ性があるので動き易さにストレスはありません。
しかし・・機能性を持たせたデザイン性(スポーツウェアっぽい)ゆえ、サイズ感は
結構タイト。170センチ(体重ギリ50キロ台)の僕で、Lサイズを着て程よくジャスト。
肩幅が狭いつくりなので、Mだと「袖、短っ!」でした。って人によるかな・・
(サイクリングジャージ的な着方だとMサイズでOK)

ちなみに、物は試しってことで・・MTBに乗って着てみました(笑

天気は曇天、気温27~28度(大体)。距離は30キロちょい(1時間半)で
ほとんど漕ぎっぱなし。想像どおり、家に着いた時には全体的に汗ぐっしょり
といったものでしたが、走行中は通気性もよく、肌に引っ付くこともありません
でした。意外にも(?)「着ていられない!」といったストレスは無し。
汗染みが目立たないカラーだったらもっと良かったかも(汗

って、そもそも「サイクリングウェア」としてのモノじゃないですしね。それでも、
街乗りでしたら十分に使えます。もちろん、「ちょっと頑張って漕いじゃった」
ってときでも、不快で選ぶ服間違えちゃった・・と言う事にはならないかと。
なによりカッコ良いです。当然ですが、普段着としても格好良いTシャツです。

今は取扱店が少ないようですが・・秋からは「Tokyo Life」さんにて取り扱いが
始まるとか。個人的には実店舗でも増えて欲しいです。それと、クロモリロードの
チャリ(S1900)はカラーも決まり、オーダー済みで完成待ち。楽しみです。
あとはRapha(ラファ)の「FIXED. Shorts」・・どうしよ。

 エイエスティー・オンライン(ast online)
 【ast(エイエスティー/アスタリスク)】をTokyo Lifeで見る(7/13入荷)


関連ページ(?)です。

 【ART CYCLESTUDIO】クロモリロードの自転車。
 Rapha(ラファ)の「FIXED. Shorts」。
 【ASTERRISK(アスタリスク)/ast(エイエスティー)】のTシャツ。


関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/406-6bf0bc7d
該当の記事は見つかりませんでした。