コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノ自転車【MKS三ヶ島】SYLVAN ROADシルバンロード/クイルペダル

【MKS三ヶ島】SYLVAN ROADシルバンロード/クイルペダル

【MKS三ヶ島】SYLVAN ROADシルバンロード/クイルペダル
【MKS三ヶ島】SYLVAN ROADシルバンロード (取扱店:SelectiT)

自転車用ぺダルを生産するMKS(三ヶ島製作所)。国内では、老舗ペダル
メーカーとして知られおり、NJS(日本自転車振興会)認定の製品づくりなど、
実際に競輪で使われる車輌に採用され、実績と歴史のあるペダルメーカー。
ちなみにMKSではペダルを「ぺタル」と称しており、これもコダワリのひとつだとか。

競輪といえば、ブレーキや変速装置のない固定ギア車を使ったスポーツ。
その競輪に使われる車輌と同じ仕様にした「ピストバイク」は、巷でも頻繁に
見るように。しかしブレーキは・・ね。「おっかなびっくり」的な表情で乗ってたり
すると、見てる方もヒヤヒヤします。と、そんなことを言いたいのではなく・・

そのピストバイクに装着するパーツに、NITTOのハンドルやステム、MKSのペダル
など、NJS認定のパーツをチョイスする人も多いとか。僕はロードレーサー用に。

しかし、クイルペダルの「SYLVAN ROAD(シルバンロード)」はNJS認定品
ではなく兼価版のペダル。良いんです最初はこんなもんで。慣れたらクリート式
のビンディングペダルにするつもりですから。というか、ホントに欲しいのはカンパ
(カンパニョーロ)のクイルペダル。現在、生産はされておらず、デッドストックで
高価なもの。仕方なく、似ているのをチョイスした・・と言うのが本音(汗

【MKS三ヶ島】SYLVAN ROADシルバンロード/クイルペダル

舟形デザインのクイルペダル。その歴史は長く、
1900年頃からあったとか。シルバンロードと
ハーフクリップを合わせて5000円でお釣りあり。
安いです。ただし、シャフトの動きが少し鈍い。
シルバーとブラックの2色で、Made in Japan。

と、肝心の自転車本体「ART CYCLESTUDIOのクロモリロード/S1900」。
完成は2~3週間とのことで、オーダーを入れてから10日ほど経ったころに、
「やばっ、もうすぐ来ちゃうじゃん」ということで、慌てるように買ったMKSのペダル。
ですが、1ヶ月を経った今現在でも本体は未完成。痺れを切らし問い合わせて
みると、あと10日ほど掛かるとのこと(パーツの入荷が遅れているためだとか)。

それでもちょっと遅すぎ。40日ですよ40日。おかげで夏の楽しみが半減・・。
仕方ないので、到着まではペダルをクルクルさせて遊ぶつもり(ウソ)。

 【MKS 三ヶ島】を楽天で見る
 【MKS 三ヶ島】をヤフーで見る

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/417-c7444e01
リッチー WCS V4 マウンテンペダル
WCS V4 マウンテンペダル 頑強なステンレスボディーは泥詰まりしにくい設計でトラブルを回避してくれます。      サイズ 9/16” シャフト クロモリ ボディー チタン クリート 専用クリート付 重量 248g パーツ・用品\マウンテンバイク用パーツ\ペダル・クリート\その
該当の記事は見つかりませんでした。