コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノGLOVE/グローブ【DENTS/デンツ】夏に涼しい?ドライビンググローブ。

【DENTS/デンツ】夏に涼しい?ドライビンググローブ。

【DENTS/デンツ】ドライビンググローブ
【DENTS/デンツ】ドライビンググローブ(取扱店:セレクトショップBEYES)

「いや~暑いっすねぇ」。といった言葉が、挨拶代わりになっている今日この頃。
まあ夏だから仕方がないのですが、結構堪えます。バイクに乗ってもヘルメットの
中は汗でぐっしょり。これもバイクを乗る以上仕方がないです。そしてグローブも。
オールレザーだと蒸れるどころか、外すときには引っ付いて気持ちが悪いです。
ということで、ヘルメットはガマンしますが、グローブは夏用を新調しようかなと・・。

候補はデンツ(DENTS)のグローブ。デンツのグローブといえば、ペッカリーを
使ったものが有名ですが、その他の革でも上質なものを選定していることでも
知られています。そしてカッティング(裁断)。手のカタチに沿った・・というよりも、
手や指の動作にあわせたカッティングにより、第二の皮膚ともいうべき上質な
着用感。それは知人が使っているラム革のグローブで実証済み・・というのは
【DENTS】デンツ・BEYES別注/英国製グローブのページで紹介済み。

で、今回はドライビンググローブ。BEYESで取り扱っているのはペッカリーでは
なく、山羊革。甲側は編込みによるコットンメッシュ。これなら幾らか涼しげな
着け心地を期待できそうです。本来ドライビンググローブは車のステアリングを
握るためのモノですが、バイクに使ったって「サマ」になります。そしてプライス。
ペッカリー製のハンドソーン(手縫い)に比べれば抑え目・・と思うことにします(汗

【マドヴァ】ドライビンググローブ

他に【マドヴァ】ドライビンググローブなんてのもあり。
1919年創業、イタリア・フィレンツェに店舗と工房を
構える「マドヴァ」。ラムナッパ(羊革)を使いサイドは
通気性のあるコットンニット。ハンドメイドでありながら
プライスは良心的かと。

 【DENTS グローブ】を楽天で見る
 【DENTS グローブ】をヤフーで見る
 【DENTS グローブ】をBEYESで見る
そのほかDENTSは「UKism」でも取り扱いあり。

ちなみにデンツの代理店によると、ドライビンググローブにはペッカリ-のほか、
エジプト周辺に生息する直毛種の羊革(ヘアシープ)を使った2種類があるとの
こと。BEYESのは「山羊革」とありますが、ヘアシープを指しているのか、ホントに
山羊革なのか・・はたして。これは一度問い合わせる必要がありそうですね。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/418-1c9adcbe
該当の記事は見つかりませんでした。