コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノPANTS【POST OVERALLS】No4R ベッドフォードコード(ピケ)パンツ

【POST OVERALLS】No4R ベッドフォードコード(ピケ)パンツ

【POST OVERALLS】No4R ベッドフォードコード(ピケ)パンツ

暦の上では秋なんですけどね・・毎日サウナ状態の日々。さすがにデニムを穿く気分にはなりません。いっそうのこと毎日ショーツでいたいぐらい。もしくはマッパ。まあ、いい大人が(?)そんな訳にもいきませんので、少しは秋らしい格好を・・ということで、引っ張り出してきたポストオーバーオールズ(Post Overalls)の5ポケットパンツ。春購入したものの、穿く機会がなかったので漸くの出番です。

ポストオーバーオールズと言えばデニムやシャンブレー、もしくはキャンバス生地を使ったアイテムが定番として多くありますが、こちらのNo4R Pantsの素材には、ベッドフォードコード(ピケ織り)が使われています。

ちなみにピケ織りの生地(ベッドフォードコード)とは、コーデュロイのように細い畝(うね)があり、ガシッと硬く織り込まれた生地。有名なものとしては60年代にリーバイスから発売された、ホワイトリーバイスのサードタイプジャケット「941B」や「911(5ポケットパンツ)」。デニムとはまた違った、軽く爽やかな印象があります。

【POST OVERALLS】No4R ベッドフォードコード(ピケ)パンツ

で、ポストオーバーオールズのピケパンツ。表面はウォッシュ加工が施されており、細畝コーデュロイのようにも見えます。履き心地は少し柔らかめ。厚手ではないので、残暑のこの時期でも暑さに 我慢することなく穿けます。

最近買ったビルケンTATAMI(タタミ)シリーズの「Akaba」などで今は合わせていますが、秋にはマウンテンブーツにコーディネートしてもハード過ぎず良い感じ。シルエットは太くなく、かといって細すぎないストレートシルエット。よくありがちな、ブランドを誇示する余計なステッチがないところもお気に入り。ポケットの形も。

ピケのパンツ自体、リーバイス505や519などで以前はありましたが、現在は無し。その他だと、セレクトショップのオリジナルなどに定番としてあります。個人的にはビームスのオリジナルが細身で良いかなと。

個人的ついでには、今年の秋冬は久々にコーデュロイの5ポケットが気になります。昔穿いてた505のコーデュロイはどれもクタクタ。買い直すにも、最近は古着屋でも以前ほど安くないんですよね・・。ポストのパンツはもっと安くないですけど(汗

 【POST OVERALLS】を楽天で見る
 【POST OVERALLS】をヤフーで見る

「エンジニアド ガーメンツ」のコーデュロイパンツ

などと言ってますが・・ピクッときてしまったのが「エンジニアド ガーメンツ」のコーデュロイパンツ。 Explorerのスタッフさんのコーディネートを見るとEGらしい組み合わせですが、普通にアメカジ的な合わせ方でも、アメカジ「しすぎない」感じがして雰囲気も良さ気ではないかと。

 こちらはBEYESでも取り扱いあり。

アローズ別注によるリーバイス519のリジッドデニム

そして、こちらはデニムですが・・アローズ別注によるリーバイス519のリジッドデニム。コットンツイル生地やコーデュロイでお馴染みの519を、少しローライズ化させているとのこと。519のシルエットは、505のように少し細身ではありますが、裾がテーパードしていないストレートタイプ。コーデュロイなら即買いなのに・・。(UA-LICLIS)


関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/423-bcdd3579
該当の記事は見つかりませんでした。