コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノ自転車【Selle San Marco/Caymano】セラサンマルコのサドル/カイマノ

【Selle San Marco/Caymano】セラサンマルコのサドル/カイマノ

【Selle San Marco/Caymano】セラサンマルコのサドル/カイマノ

自転車ネタからひとつ。太いタイヤを履き、サスペンションが付いたMTBとは違い
細いタイヤでパワーロスの少ないロードレーサー。反面、クッション性が効かず、
ただ乗っているだけでも、支点のひとつとなる「おケツ」への負担は相当なもの。
それだけに、ロード用パーツで最重要のひとつと言っても良いほどの「サドル選び」。

座り心地などを重視したコンフォート型や、軽量・操縦性を重視した薄型で
ロングタイプのサドルなど、大別するとありますが、各社から出ている数は膨大。
困った事に、各々の骨格や乗り方によって一概に「これが最高」と言えないのが
事実。実際にネットでインプレを見ると、「今までにない乗り心地に」という人も
いれば、「俺には合わん」という意見もあり、さまざま。

初めてロードバイクに乗るにあたって、「これは最初に交換しとかなきゃいかんね」
と、決めていたのがハンドルとステム、そしてサドル。案の定、届いて乗ってみると
完成車だけに基本的ポジションは出てたけど、ベストを求めるとハンドル周りは
ステム長の短いものに替え、ハンドルはラクで握りやすいものへ交換。それらの
パーツについては後ほど。で、サドル。付いていたのは兼価版のものだったけど、
これがなかなかフィッティングが良くて・・しかし、替えると決めていたので交換(汗

Selle San Marco(セラサンマルコ)の「カイマノ」。

Selle San Marco(セラサンマルコ)の「カイマノ」。
ブルックスのレザーサドルはカスタムの「最終形」
にと、今は保留。で、定番とされるセライタリアの
「SLR」か、万能的座り心地と評判のフィジーク
「アリオネ」のどちらかをチョイスするつもりでしたが
「幅広いポジションで、SLRやアリオネでオケツに
フィットする人だったらOK」という評判のもと即決。
ちなみに、SLR・アリオネどちらも試した事が無く
不安でしたが・・。

Selle San Marco(セラサンマルコ)の「カイマノ」。

「S1900」に付いていたサドルは「Velo」製のもの。
これが侮れないブツで、乗り心地良し。カイマノを
取り付けてみましたが、山型かフラット型の違いと
座面が硬めに感じるぐらいで、「こんなもんか」と
思ってたのですが、ハンドル、ステムを替えベストな
乗車ポジションがでたところで乗ってみると激変。

Selle San Marco(セラサンマルコ)の「カイマノ」。

座面は広めでリラックスポジションでの座り心地は
良好。座り位置を少し前に移動させて、下ハンを
握ってグイグイ行くときでも腰を落ち着かせられます。

走行距離50キロ程では痺れや痛みを感じません。
貧脚なもんで、それ以上の距離は足の方がダメに・・
時おりダラ~としながらだと80までOK。100は壁(汗

セラサンマルコ(Selle San Marco)社は1935年創業のイタリアのサドルメーカー
当初は革製の高級サドルを生産し発展。70年代にはレース用サドルを開発。
現在でもクラシックサドルとしてラインナップされている「コンコール(Concor)」は、
ランス・アームストロングがツール・ド・フランスでこのサドルを使い優勝したことから
歴史に残るサドルとして知られています。

 【セラサンマルコ/カイマノ】を楽天で見る
 【セラサンマルコ/カイマノ】をヤフーで見る

関連記事

2 Comments

* says...""
自転車ネタ大いに支持します、ってことでコメント入れときます。オレも最近、GEL入りの方だけどカイマノ買いました。SLR、アリオネ、FLITEが候補に挙がったけど、結局、決め手はデザインになっちゃうな。一番、センシティブなパーツだからいろんなとこでインプレ見まくって疲れましたよ。デザイン以外では、座面の広さと、後ろの反りで他候補よりもポジションの自由度がありそうってのに惹かれましたね。
2007.08.26 16:50 | URL | #- [edit]
taro says...""
いや~見て頂いてる方がいて良かった(笑 はじめまして、どうもです。僕はMTBの方でフィジークを使ってたんで次も・・と思ってたのですが、それじゃ面白くないってことで、SLRのインプレを探して見ているうちに引っ掛かってきたのがカイマノ。上のモデルのFXも考えたのですが、それよりもいくらかパッドも厚めらしいので安心かなと思いまして(FXの方が値段高いし失敗したらネタにもならないし)。で、ポジションの自由度。僕もここが決め手でした。しかし、乗ってるうちにべスポジが解らなくなることもあり(汗
2007.08.27 02:28 | URL | #qTOxrHgU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/424-136ffa23
該当の記事は見つかりませんでした。