コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノLAVENHAM【Lavenham/Raydon】スリムフィット・キルティングジャケット

【Lavenham/Raydon】スリムフィット・キルティングジャケット

【Lavenham/Raydon】スリムフィット・キルティングジャケット
【LAVENHAM】スリムフィット・キルティングジャケット(取扱店:Decentages)

ラベンハム(LAVENHAM)のキルティングジャケット。「もうそんな季節かぁ~」と
思う人もいれば、「ちょっと気が早いのでは・・」と感じる方もいる事でしょうきっと。
しかしながら、シーズンの新作も含め、毎年この時期に発売が開始されすぐに
「売れてるよ~」と聞くラベンハム。定番アイテムとはいえ、大したものです。

そんなラベンハムの定番と言えば「MILDEN」。代理店取り扱いでは過去に
「スタンダード」というスタイルネームでしたが、今季から(?)英国側とおなじく
「MILDEN」になった模様。コーデュロイカラー(襟)のほか、フードタイプもあり。
また、素材違いなども数多くあり、種類は豊富(シーズンによりますが)です。

そしてもうひとつは「RAYDON」。こちらは日本の代理店オリジナルモデルとなり、
ジャケット感覚でジャストめに着るには丁度良い着丈の長さで、シルエットも
タイト。もちろんアームも細め。たしか、こちらも以前は「レギュラー(#2284)」と
いう呼び名だったような気が・・。僕が持っているのも、おそらくこのRAYDON。

「おそらく」というのはスタイル名が解らないから(汗 細身でぴったりジャストだから
多分・・。しかし、そちらの素材は着用時期が限られるツイード(ウール)のもの。
今さらですが、今年はナイロン(ポリエステル)のを一着新調しようかなと。
巷での着用率はかなり高いと思いますが、「定番」ですしねぇ・・。

ラベンハムのキルティングPコート「STANTON」

まぁそんなことは置いといて・・今年のラベンハム。
今季はメンズも幾つかニューモデルがあるようで。
そのひとつが「STANTON」。ダブルフロントで
Pコートデザイン。「キレイめなPコート」と考えると
ちょっと惹かれるところがあります。

その他のニューモデルについては、代理店直営の
「DECENTAGES(旧WATERNAVY)」にて。
 ラベンハムの直営ショップ【DECENTAGES】

 【LAVENHAM RAYDON】を楽天で見る
 【LAVENHAM RAYDON】をヤフーで見る

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/431-c6ce183c
該当の記事は見つかりませんでした。