コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノ自転車Shimanoのクリートペダル/SPD-SL(6620)

Shimanoのクリートペダル/SPD-SL(6620)

Shimanoのクリートペダル/SPD-SL(6620)

クリート式のビンディングペダル。一週間ほどネットでレビューを見ながら吟味を
重ね(最後は投げやり・・)、ようやく候補に決まったペダルが、「TIMEのRXS」。
しかし、2008年モデルがリリース直前というタイミングの悪さで、在庫は欠品。
せっかちな僕としては購入を決めたからには「早く欲しい」。

そんな駄々っ子のような物欲(?)を抑止すべく、第二候補に挙げていた
「シマノ(Shimano) SPD-SL(6620)」を投入することに。代役とはいえ、
ルックス的にはシマノのペダルの方が、もともとは好み。シンプルですし。

ということで、初めてのクリート式ペダルです。車体へ付ける前に構造を確かめ
るため、ペダルとシューズを手で持って「カチリ」と装着。「ヤベぇ・・取れねえ」。
一瞬慌てましたが、真横に踵をずらすのではなく、斜め上に引っ張れば良い
のね・・ということに気付き、無事解決。そして乗り出し。

最初の内は、爪先を引っ掛けて・・と足元を見て脱着を繰り返していましたが
ペダルにシューズを当てれば自然にカチッとなる事にも気付き、難なくクリア。
走行も「引き足」が使えるようになった分、ラクにスピードも上げられるようになり
負担も軽くなったかなと。これなら早くからクリート式にしておけば良かった・・
と思いましたが、「足が固定される」ことにビビッていたのは否めません(汗

とりあえず初日は慣れることが目的なので、近所をぐるり・・のはずでしたが、
つい楽しくなりいつものコースへ。信号や見通しの悪い箇所は慎重に侵入し
危なき事なく帰宅。「いやぁ~楽しかった」と、自宅前を低速でUターンして
止まろうとした瞬間、「あ、ペダル・・」。

スローモーションの様にゆっくりと車体ごと倒れていくなか、足はおろか(外れず)
手も出ません。そのまま漕ぎ出せば済むはずですが、意識は足もとへ集中・・。
どうにもできません。「ああ・・これが立ちゴケかぁ」と思いながら、アスファルトの
地面へバタンと。後ろから来ていたママチャリの主婦に「あらぁ・・」と声を掛けら
れるが、止まることなく横を通り過ぎて行きます(冷たい風を感じました・・)。

「クリート式ペダルの洗礼」とでも言うのでしょうか。例に漏れず僕も体験。
忘れた頃に・・とよく聞きますが、ホントに忘れてました(汗 貴重な経験の
代償は肘とヒザ、それとサドルのキズ。まあ、ネタになったから良しとします(w

というか・・シマノのペダル(SPD-SL・6620)が悪いわけじゃありません(汗
ペダル自体は、踏み面が従来より広くなったとの事で、軸に足を置いていると
いうより、ちゃんとペダル面(フラットペダルと同じように)に密着している感じ。
踏みやすく、安心感もあります。何よりサイドのカーブには造形美を感じます。

 【SHIMANO SPD-SL(ペダル)】を楽天で見る
 【SHIMANO SPD-SL(ペダル)】をヤフーで見る

関連記事

10 Comments

通りす狩り says..."くっつけ"
洗礼って表現に思わず笑いました(^^;)

この手のペダル知らない普通の人からは自転車こいでる状態そのままで
転倒するので
「こいつアホだ」って爆笑されるんですよね~。。
補助輪取れたばかりの子供みたいな感じに見えるんでしょうね。

あの目線と嘲笑いだけは今でもビンディングペダルに靴をハメる度に悔やみます(笑)

まあでも慣れても怖い物ですビンディングペダル。
自転車業界は危なくない、皆さん恐れすぎって口そろえて言いますが。

普通、繋げないものを繋げるのに危なくないわけが無い(^^;;)
2007.11.05 18:33 | URL | #hdGsHuvw [edit]
taro says...""
通りす狩りさん、はじめまして。で、クリート式ペダルの恩恵はあっても危険と言うリスクはなくならないでしょうし、慣れても「またやるな、多分」と思いましたよホントに(汗 というか、やっぱり見物人には笑われるんですね・・。ピタピタのレーパンやジャージに対する目線には慣れたんですけどねぇ。目線を察知したら「今見たな?」と、逆に見返すようにしてますが(w まあ、どちらも自転車乗りの宿命なんでしょうか・・。
2007.11.06 00:41 | URL | #qTOxrHgU [edit]
S1600 says...""
・・・ということでしたか・・・。
今回の書き込みのインパクトをぶち壊しにした前回の私のコメントをどうかお赦しください・・・(沈)。

しかし、まぁ、最初は誰しも経験することなのですね。通りす狩りさんのカミングアウトも相俟って何だか安心しちゃいましたよ。

SPD-SL気に入られたようで何よりです。この分ではステルスペダル(イメージ的に)のRXSはお蔵入りですかな?
SPDも歩きの時はなかなか便利ですよ。と勧めたりしてヘヘ・・・。
2007.11.09 21:25 | URL | #WVb5vgCk [edit]
taro says...""
いやいや、自転車乗り(経験済み)の方ならあの一言で察しがつくことでしょう(w で、ステルス。もちろんいきますよ~。膝に優しい「動き」とはどんなものなのか試したいですしね。というのも、SLの方は首振りだけ(これも重要ですが・・)なので、余計にTIMEのペダルが気になります。SPDはシューズにバリエーションが増えたら良いんですけどねぇ。
2007.11.10 22:20 | URL | #qTOxrHgU [edit]
S1600 says...""
週末、上野OD-BOXでセールのディアドラSPDシューズを目にし、防寒具優先なのに間違って買うところでしたよ、危ない危ない。とはいえ島野では期待できない洒落た感じはなかなかでした。

ステルスRXS試乗記には期待しています。なにしろフガフガの膝をダブルベルトサポーターでガチガチにしないと峠はおろか平地でも乗れない位なので。

冷え込みが徐々にきつくなってきましたねェ。
2007.11.12 07:36 | URL | #WVb5vgCk [edit]
taro says...""
一雨ごとに寒くなると言いますからね~。今日はこのウェアで良いのか?と、乗る度に自問してますよ。結局、走行中は半袖ジャージに短いレーパンだったりしますが(汗 今はアウター用のジャージを物色中ですが、生地の厚さで悩み中。というか、膝故障されてるんですか?
2007.11.13 02:13 | URL | #qTOxrHgU [edit]
S1600 says...""
前3枚で膝を痛めるのも間抜けな話ですが、サポーター使用後は以前より峠でもガシガシ漕げるようになったのは皮肉なもんです。
今度は絶版になるかもしれないFC-R700チェーンリング彫金仕様(※やってくれるところないかな?)、クランク長165ミリ、スプロケ27Tで組もうかと考えてます。
前3枚のQファクターの広さがネックとなったようですので。
2007.11.13 07:34 | URL | #WVb5vgCk [edit]
taro says...""
僕が使ってるONYONEのクオーターパンツにも、サポーター機能(テーピングみたいな感じ)があるのですが、それ穿きだしてからは左右にぶれてキレイに上下ストロークしなかった左膝がまともになりましたよ。というか、本来は筋肉をサポートするものらしいのですが(汗 と、FC-R700廃盤ですか・・アルテグラにも新しいのが出ましたしね。僕もそろそろ・・と機会をうかがってます(機能的にグレードが上がる訳じゃないんですけど)。で、彫金は面白い発想ですね~。削り出しからチェーンリングを作るところは知ってますが、加工はちょっと解りません(汗 でも、どんなデザインにするか興味深いです。
2007.11.14 00:14 | URL | #qTOxrHgU [edit]
S1600 says...""
オンヨネのサポータパンツは効果がおありとのことですねフムフム。
現在ワコールのサポートタイツとパッド付インナーの組み合わせなのですが参考にさせていただきます。
彫金の件ですが肉抜きのないリング面は彫金師も腕のふるい甲斐があるかもしれません。
クランクを刃に、チェーンリングを鍔にそれぞれ見立て家紋とか竜とか牡丹とか・・・、とまあ馬鹿な想像を膨らませています。
ん?チェーンリング換装ですか?勝手にオークション見張ってます。(笑)
2007.11.14 07:48 | URL | #WVb5vgCk [edit]
taro says...""
おお、随分と独創的ですね~。お知り合いにいらっしゃるか解りませんが、デザインは彫師とか和モノに絵心のある方に見てもらうと良いかもしれませんね。で、オンヨネはあまり良くありませんよ(w サポーター部分の縮力が強く、しばらくすると引っ張られて膝位置がずれるし、密着していた股のパッドも浮いて前にずれる・・というか、半分脱げ掛かった状態になります(汗 フィッティングがちゃんとキマってると最高なんですけどねぇ。
2007.11.14 21:34 | URL | #qTOxrHgU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/456-e213bc39
該当の記事は見つかりませんでした。