コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノCRESCENTCrescent Down Works/クレセントのダウンベスト(ペンドルトンウール仕様)。

Crescent Down Works/クレセントのダウンベスト(ペンドルトンウール仕様)。

Crescent Down Works/クレセントのダウンベスト(ペンドルトンウール仕様)。

アメリカ製のダウンジャケット、ダウンベストと聞いて真っ先に頭に思い浮かぶのがシアトル発・クレセント・ダウンワークス(Crescent Down Works)のダウンウェア。中身のダウンはグースダウン、シェルは60/40クロスをはじめナイロンリップストップや、ツルっとした肌触りがたまらないStreakfree Nylonなどが定番。また、元々エディー・バウアーで60/40クロスを使った製品に携わっていたことから、60/40クロスに関して言えば、クレセントの「看板」ともいえるでしょう。

そのクレセント・ダウンワークスのイタリアンベスト(Italian Vest)。こちらも言わずと知れたクレセントの定番アイテム(他にもウェスタン調シルエットのNorth By Northwest Vestなんてのもあり)。ネルシャツやシャンブレー、スウェットのパーカ、またはシェットランドのウールセーターに合わせるなど、他のアウトドアブランドのダウンベストに比べ、着合わせの幅が広いのもヘビロテになっている理由のひとつ。当然というか、必然的にアメカジ的なコーディネートになってしまいがち。

いや、アメカジ好きだから良いんですけどね。しかし、こちらのペンドルトンウールをあしらったダウンベストだと雰囲気が違います。クレセント、ペンドルトン両方ともアメリカ臭いブランドではありますが、ピンストライプやグレンチェックの生地で落とし込んでみると、どこか上品。アメカジ以外のコーディネートにもイケそうです。
 クレセントのダウンベスト(ペンドルトンウール仕様)/楽天TRAVELS

う~ん・・欲しいです。というか、春に勢いよく予約しまくったアイテムの中にクレセントのダウンベストがあるんですよね・・。そちらはどこかの別注ということでデニム生地が使われているもの。目移りしたわけじゃないんですけど、このシーズン真っ只中に入荷の連絡がないということはドロップした可能性もあり。それならそれで・・といきたいところですが、予約をバックれる訳にもいきませんしね・・(汗

 【クレセント(Crescent Down)のダウンベスト】を楽天で見る
 【クレセント(Crescent Down)のダウンベスト】をヤフーで見る

関連記事

2 Comments

noi-2 says...""
はじめましてnoi-2と申します。偶然taroさんのこのブログを発見し、こだわり具合にビックリしすぎた(笑)のでコメントさせていただきました。そこらのショップの店員さんより詳しい・・・。私はアウトドアファッションが好みで、方向性を模索中の初心者です。taroさんは大変幅が広いので参考にさせていただきます。
2007.12.06 19:54 | URL | #- [edit]
taro says...""
noi-2さん、はじめまして。思い込みとか憶え違いなどもあるかと思いますので、7割ぐらいの信用性・・ということにしておいて下さい(汗 で、僕も模索中ですよ。周りからはいい歳して色んな格好するよね~と、冷やかな目で見られています・・。ある意味コダワリがないとも言えますが(汗
2007.12.07 02:26 | URL | #qTOxrHgU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/470-a09c5bd7
該当の記事は見つかりませんでした。