コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノ自転車クラフト(CRAFT)のアンダーウェア「PRO ZERO」。

クラフト(CRAFT)のアンダーウェア「PRO ZERO」。

クラフト(CRAFT)のアンダーウェア「PRO ZERO」。

クラフトCRAFT)のアンダーウェアPRO ZERO」。ベースとなるアンダーウェアこそ無視できない存在・・と、普段からスポーツをされている方なら感じている事と思います(?)。そのアンダーウェアに「吸湿速乾性」といった機能性はいまや当然。そして、機能性を十分活かし体感するには「着心地」をいう要素も必要不可欠かと。

せっかく良い機能を持っていると思われる素材なのに、着てみると「いかにも化繊」といった着心地が気持ち悪い・・とか、生地や縫合部が伸縮しない、ゴロつくなど、逆に着ているだけでストレスになるといったものも多くあるのは確か。

そんな中でも優れモノと言えるのが、パタゴニアのベースウェア。キャプリーン素材を使ったもので生地の厚みなど種類も豊富。以前、「化繊っぽさがダメ」といった記憶がありますが、少し毛羽立った頃に着心地の良さを感じるようになりました(汗。 そして優れモノのもうひつが、クラフト(CRAFT)のアンダーウェア。

クラフトCRAFT):www.craft.se(インターナショナルサイト)
クラフトはスウェーデン生まれのスポーツアンダーウェアメーカー。クロスカントリースキー、バイク(自転車)、ランニング、アルパインスキー等のほか、様々なスポーツに適したベースレイヤーを主な製品としています。近頃はお洒落な(?)パッケージ付き。思わずまとめ買いしたくなります・・。

クラフト(CRAFT)のアンダーウェア「PRO ZERO」。

こちらは素肌に直接触れるファーストレイヤーのカテゴリーにある「PRO ZERO」。テレコ編みで伸縮性はもちろんのこと、締め付け感はなく柔らかい着心地(縫合部もストレッチがありゴロつきもない)。というか、着ただけで暖かく、上質なウール地のようなふんわりとした肌触り。「本当にポリエステル100%?」と思わず素材表示を確かめたくなるほど。ホントに暖かい。品番:194004

自転車に乗る際、デマルキのウィンドブロックジャージの下に着ていますが、冬のこの時季でも1時間も乗っていればかなりの汗をかきます。しかし、直接肌に感じるドライ感はそのまま。3時間ほどで帰宅し、ウェアを脱ぎ、PRO ZERO外側の表面を触って初めて「こんなに汗かいてたんだ」ということに気付きます。

こちらはGORE-TEX社推奨アンダーウェアーとしても知られ、クラフトのアンダーウェアを代表する「PRO ZERO ウィンドストッパー」。身頃前部にゴアウィンドストッパーがラミネートされ、防風性のあるアンダーウェア。使用する環境(発汗量・気温など)にもよりますが、自転車はもちろん、春先のスキーやスノボーでハードシェルのアウターを着込むには暑い・・なんて時にはフリースやソフトシェルのアンダーに丁度良いです。
 197659 Pro Dry WS Crewneck (selectit)

と、個人的にはかなりの「優れモノ」と思っており、普段着にしたいぐらいなのですが、ネックがハイネック。惜しい・・。また、CRAFTのサイトを見て頂くと判るとおり、ラインナップもカテゴリー別にかなりの数(10年ちょっと前までは10品番もなかった)。しかし、日本で取り扱うラインナップは未だ少量。普段着候補としても取扱いアイテムを増やして欲しいところ。

 【クラフト(CRAFT)のアンダーウェア】を楽天で見る
 【クラフト(CRAFT)のアンダーウェア】をヤフーで見る

関連記事

3 Comments

noi-2 says...""
taroさんこんにちは。
実は私、これまで全くアンダーウェアには手を出さずに来ましたが、去年末久々に乗ったMTBで、派手に汗をかいたのを放っておいた為(多分・・・)熱を出してしまい苦しい目に遭ってしまいました。
やはりコットンのTシャツでは汗をかいて冷たいですし。
そう思い、ついに(やっと?)検討を始めたのですが、アンダーといえばパタゴニアのキャプリーンが良いと聞くしな~・・・ウールは肌が受け付けないし。初心者におすすめはありますか??
2008.01.14 23:13 | URL | #- [edit]
taro says...""
noi-2さん、どうもです。初めてのアンダーを・・とお考えならパタゴニアを基本にすればまず間違いはないと思います。単にドライを保ちたいのでしたらキャプリーンの1か2。それに温かみをプラスさせるのでしたら3といったところでしょうか。僕はウールベースの方もいずれトライしたいな~と思ってます。

それと、普段着としても着れてオススメなのはデュオフォールド。ウールとコットンの2レイヤーで、直接肌に触れる部分がコットンなので、ウールの肌触りが苦手・・とおっしゃる方には良いと思います。着ているだけで温かいのですが、結構な運動量だとキャパを超えて暑く感じますが。個人的にオススメなのですが、最近は扱ってるところが少ないんですよね・・。ちなみにこちらは関連ページにあります。(左のTag & Searchのボックスにデュオフォールドと入力してサーチしてみて下さい)

で、特に今のシーズンは、汗をかいたまま放置しておくとすぐに風邪ひきますよね。ドライに感じるアンダーを着ていても、自転車から降りてとりあえず一息・・と、15分も放っておくと悪寒を感じます。ジャージとアンダーの間に溜まっていた蒸気化した汗が、ジャージを脱いだ瞬間に外気に触れて結露したようになるので、アンダーの表面は急に冷えます。これがクセモノ。やはり、すぐに脱いで汗を拭くか、熱いシャワーを浴びるのが一番のようです。と、随分と長くなってしまってスミマセン(汗
2008.01.15 03:07 | URL | #qTOxrHgU [edit]
noi-2 says...""
taroさん非常にわかり易い説明ありがとうございます!やはり冬のMTBは要注意ですね・・・。機能的なアンダーを今まで経験していないだけに、ドライに保つ感覚を知ったら病み付きになりそうですね。私は夏オトコなだけに大変な寒がりなので、taroさんの話を聞いたらデュオフォールドも欲しくなりました。アンダーとして割り切るならキャプリーン、普段着としても使いたいならデュオフォールドですね!今すぐは無理そうですが余裕ができたらチャレンジしたいと思います!ありがとうございました!!
2008.01.16 20:31 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/489-20a57368
該当の記事は見つかりませんでした。