コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノ自転車チョイスしたのは「タクリーノ」のケミカル類。

チョイスしたのは「タクリーノ」のケミカル類。

チョイスしたのは「タクリーノ」のケミカル類。

自転車は乗りっぱなしという訳にもいきません。マメなメンテナンスによって本来あるべきポテンシャルを維持しなければなりません。という訳で、ケミカル類に頼るのですが・・これまた定番というものだけでもカナリの数。というか、このケミカル類を色々試すのも楽しみのひとつでもあります。

今回チョイスしたのは「タクリーノ」のケミカル類。

緑色ボトルの「ロードギア」は水性タイプの潤滑・防錆剤とのことで、スプロケに使うと歯面に固体皮膜ができ、ご法度とされる「アウター×ロー」といったチェーン斜め掛けでも摩擦を減らして抵抗が小さくなるとのこと。効果の持続性もあるそうです。

オレンジのボトルは「チェーンオイル」。オイルといっても粘度の高いものではなく、サラッとしたもので、チェーン内部までの浸透性が優れているとのこと。また、使い始めは黒くなるそうですが、一度ふき取ってから再度注入すると汚れも付きにくくなるそうです。「ロードギア」と「チェーンオイル」を組み合わせる事により、ペダルの回転が良くなり、「今までにない軽さを体感できます」だとか。

最後にブルー(パープル)ボトルの「ロードコートワックス」。クリーナーと艶出し2つの効果を兼ね、ゴム、樹脂、アルミ、カーボン、スチールにも使えるとのこと。飛散して腐食を起こすといった心配もいらなさそうです。と・・聞きかじったままの「とのこと」や「だとか」といった言葉の連発。ええ、全部は未だ試していません・・(汗

今日は「ロードコートワックス」を使ってフレームとホイールを磨いたところでアウト。手がかじかんでしまい、外の寒さに耐えられなかった・・という訳でまた後日(汗

セラサンマルコのゾンコラン(SELLE SANMARCO/ZONCOLAN)

ちなみにサドルも白いZONCOLANを装着。
こちらのインプレも後日に・・。だって寒いんだもん。

 【タクリーノ】を楽天で見る
 【タクリーノ】をヤフーで見る


2008年3月13日追記・更新:

3月に入り気温も一気に上昇。暖かくなってきたのでインプレ再開。まずは洗浄前のリアのスプロケ。フィニッシュラインのセラミック潤滑剤「ROAD(ゴールドラベルのやつ)」を塗付後1ヶ月放置の図(汗 黒く汚れて醜いですが、意外と堆積物少なし。


「ロードギア」と「チェーンオイル」を塗付。「粘度の高いものではなく」とは言ってもやはり成分はオイル。トロりとしています。数日間走行。

その後、ウェスで拭き取り「チェーンオイル」を再注入。

更に数日間走行。しかし、残っているオイルがホイルなどまだ飛び散ります。 チェーン表面は黒というよりは濃いグレーの皮膜でヌラリとしています。さらにウェスで拭き取り。その状態が上の画像。というか、洗浄後に塗付したての画像と、ヌラリとしたところの画像を撮るのを忘れてました・・。


という訳でようやく飛び散りも無くなり付着する汚れも少なくなりましたが、やはりキレイとは言い難いの図。ちなみに、塗りたての頃はペダルが軽くなった感じもしましたが、最近はそんな印象は薄れています(チェーンと歯面の摩擦にストレスを感じる事はありませんが)。

そんな感じで、期待していたほど・・といった印象。というか、使い方間違ってるのか?(汗 とにかく、堆積物が少ないフィニッシュラインの「ROAD」が優れものだった事を再確認。って、まめにメンテしてやるのが一番という事でしょうか。

画像見たらチェーン弛んでるし・・。どうりで最近カチカチ鳴ってる訳だ(汗


ちなみにこちらはフレームカラーに合わせてバーテープを巻きなおし・・ のはずが、色が全然違うじゃん・・の図。また白に巻きなおしで散財。

関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/506-7790a10e
該当の記事は見つかりませんでした。