コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノNewBalanceM576UK SG/忘れた頃に届いたニューバランスの20周年記念モデル。

M576UK SG/忘れた頃に届いたニューバランスの20周年記念モデル。

M576UK/忘れた頃に届いたニューバランスの20周年記念モデル。

ニューバランス(new balance)のM576が誕生し今年で20年。ニューバランスのスニーカー・ラインナップのなかでも途絶えることなく作り続けられてきたM576モデル。誕生20周年を節目に、「576 20th anniversary」としてメイドインUKにて、1988年当時のオリジナルモデルを復刻。といった訳で、スレートグレー(M576UK SG)が発売となった3月5日の僅か数日前、楽天のとあるショップにて予約。そして忘れた頃の約一ヵ月後にようやく手元に到着(忘れてなかったけど)・・。

ニューバランス/20周年記念モデルM576UK

さっそく箱から取り出し、シューレースを通して記念撮影。全体的にグレーな感じ。って、カラーは「スレートグレー」なのだから当然な話しなのですが、モノマガジン(P44)など雑誌に掲載されていたM576UK SGモデルのメッシュ部分は、青緑がかったグレーだったはず。印刷による色味の違いなのか、サンプルとしてのプロト品だったのかは解りません。が、あの青緑なグレーに惹かれての購入だったのに・・。

ニューバランス/20周年記念モデルM576UKのライニング。

残念な気持ちを抑えつつ・・各部の感想としては、履き口は広くタンが短め。レースを一番上まで通すと、ラベルの「576」部分は隠れてしまいます。また、履き口のライニングは、996などで使われているペラペラのコーティングではなく、ピタードレザーのような、しなやかでグリップ感が効いたPUコーティング。US製のM576(ガラスレザー・モデル)と同じように、耐久性があるように思えます(あちらよりもソフトな感触)。

M576UKのミッドソール

ヴィンテージ風に着色加工されたヒールカウンター。個人的には地色のベージュのままで良かったのでは?と。で、個人的ついでに今回気に入ってるのがベージュのENCAPミッドソール。ここは経年で黄ばみやすい箇所だけに、「それ風」に黄色で着色されるよりも変に凝ってなくていい感じ。

また、UKメイドの576では初めて(?)採用のENCAPだけに、それまでのUK576(C-CAPミッドソールのみ)とはちょっと違う履き心地。柔らかさの中にもグッと沈み込みを抑える硬さがあります。

ニューバランスのグレーな面々。

左から・・
M996グレーメッシュ
M1400のスレートブルー
M576UKのスレートグレー
M1300Jの2005年復刻

といった、限りなくグレー(?)な面々。今回のM576UK SG(スレートグレー)は、M1400とM1300Jのちょうど中間ぐらいの少し濃い目なグレーになります。

足入れ感は大きめ。通常、US576よりも小さめに感じるUK576ですが、今回のM576UKはやけに大きい。US576の木型を使っている・・と、どこかで読んだ気がしますが、そのとおりかも。ちなみにM996がサイズ9Dで、ほかは全て8ハーフ。判りづらいかもしれませんが、M996と同じぐらいの大きさに感じます。

 【ニューバランス M576UK】を楽天で見る
 【ニューバランス M576UK】をヤフーで見る
 【ニューバランスのラインナップ】をOSHMAN'S ONLINEで見る


関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/525-0ef7fcef
該当の記事は見つかりませんでした。