コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノPANTSドゥニームの66タイプのジーンズ/Denime 66XX type。

ドゥニームの66タイプのジーンズ/Denime 66XX type。

Denime/ドゥニームの66XXタイプデニム。

ドゥニーム(Denime)の66タイプのジーンズ。「66」とあるとおり、リーバイス501で言えば60年代後半のモデルをモチーフにし、シルエットは細身ですっきりとしたストレートデニム。また、若干股上が浅く、腰幅も狭いつくりになっている「66XX」タイプは、厚みのあるXX生地を採用したジーンズで、履きこむほどに色落ちやアタリ具合といった「成長」に心弾ませる(?)ビンテージライクな一本。

デニムといえば、リーバイスやリー、ラングラーなど、アメカジの歴史を作ってきたと言っても過言ではないジーンズメーカーのデニムをはじめ、ビンテージな味わいを楽しめるリプロダクト品や、シルエットにこだわったインポートブランドのデニムなど今や膨大な数。それぞれに良さや薀蓄などがあり、またそれぞれのデニムを好んで履く方々にも「そこにこだわっている理由」というものが存在しているかと。

僕自身は古着屋にいる友人が多かったおかげで、オリジナルの501XXなどを筆頭に結構な数のデニムを穿いてきたクチ。製造年代による色の濃淡はもちろんのこと、隠しリベットや片面タブ、どこそこのファスナーを使っているだの、イエローステッチ、Vステッチ、アーキュレットのV字のくい込み具合・・など細かいディテールにもこだわった時期もありましたが・・いつしかどうでもよくなった。

ちょうど時代は「ビンテージデニムブーム」から「復刻デニムブーム」へ。しかし僕はそこから離れ、いわゆる普通のレギュラー501を好むように。ウェストやレングスはジャスト、おケツ周りはぴったりめ。腿幅も太すぎず細すぎず(でも、やや細身が好み)、そしてスソ幅は17.5センチ。こだわらなくなった・・というよりは、むしろレギュラー501にある「普通なシルエット」を求めるように。

dnnmxx.jpg

とか言いながらも、ちゃっかりこんな物も持ってたりします。モノはドゥニームのデニム。XXシルエットなので若干ルーズめな太さ。リジッド状態から洗いをかけ、穿きこんで15年。色の濃淡がクッキリしていて結構イイ感じの色落ち具合に。汚れて見える部分がありますが、画質のせいで実物はキレイです。と、ヤフオク出品中みたいなこと言っておりますが、今は穿かなくなったものなので実質7年程度の状態。

といった訳で、ドゥニームの「細身ですっきりシルエット」な66XXが、今後どんな色落ち具合を見せてくれるのかが楽しみ。同じく、タブロイドニュースのデニムも育成中。

ちなみにタブロイドニュースやドゥニームを選んでいる理由は、バックポケットにアーキュレットのようなステッチが無いから。ただそれだけ・・ですが(汗、このポイントだけは譲れません。というか、これからもブレることはないでしょう、きっと。


ドゥニーム(Denime)の取扱店:

 セレクトスクエア/selectsquare(ドゥニーム)
  楽天:Denimeオンラインショップ
 ヤフー:Denimeオンラインショップ

※着用時のシルエットは、楽天/ヤフーのDenime直営ショップが参考になります。


関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/527-e0cfff7d
該当の記事は見つかりませんでした。