コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノLacosteインポート版・ラコステのポロシャツ(2008年)。さて今年は・・

インポート版・ラコステのポロシャツ(2008年)。さて今年は・・


気付けばもうそんな季節?的なラコステ(LACOSTE)のポロシャツ。とっくに「フランス製」ではなくなったけど、ラコステはやっぱり「フララコ」。といったわけで、夕方はさすがに肌寒く感じますが、天気の良い昼間はポロシャツでもOKといった今日この頃。毎年GWを境に、クローゼットからフララコを引っ張り出すのが僕の恒例行事。

また、毎年これらの無難な定番カラーをに飽きを感じたら、その時の気分で一枚、二枚・・更にもう一枚?とカラバリを増やしていくのも楽しみな恒例行事。な訳で・・

フララコのポロシャツを扱うショップの中では、モデルのバリエーションが豊富なのが楽天のEXPLORER。定番のL1212をはじめ、シルバーラコステ(銀ラコ)もラインナップ。ちなみに取扱いモデルは全てインポート物。

LACOSTE/L1212

S/S PIQUE POLO L1212
リーバイスの501同様、品番名で名指しされるほど有名な「L1212」。ピケ(鹿の子)素材を使用したポロシャツの元祖。ポロシャツの代名詞といえるほどの大定番の2つボタンのポロシャツ。

LACOSTE/L1264

S/S HEATHER PIQUE POLO L1264
L1212と同じディテールですが、使われている鹿の子素材はへザー(霜降り調の)生地を使用した「L1264」。L1212よりも若干生地感は厚め。こちらも基本。

LACOSTE/L1812

VIRELAI L1812
言わばL1212のボーイズサイズで身幅があり着丈が短いタイプで、カジュアルなシルエット。袖はリブが狭くバルーンぽい形。胸のワニが小さめ。

LACOSTE/PH539C

ELOQUENT PH539C
クリストフ・ルメール氏が手がける「シルバーラコステ」ラインのアイテム。目の細かいストレッチピケ(鹿の子)素材を使用。伸縮性に富み肌触りも良いです。L1212よりもタイト・・というか、コンパクトと言う表現がぴったりな一枚。3つボタン仕様。

LACOSTE/PH7319

OMAR PH7319
昨年から継続の「イタリアンフィット」タイプの「OMAR(当ブログ内ページ)」。袖丈、着丈が短めになっています。着丈にこだわる方はこちら。とのこと。

LACOSTE/PH6779

DOYEN PH6779
個人的に気になるボタンダウンタイプのポロシャツ、PH6779。大きめの襟ではなく小襟の為スッキリした印象に。通常のポロシャツの襟ではなくしっかりとした 台襟付きの襟なので綺麗に襟が立ちます。今年らしいアメリカテイストを上手く落とし込んだ一枚です。

とのことですが・・品番は同じか分かりませんが、日本製の方でもBDタイプは出ています(そちらは4色展開)。ビームスに立ち寄るたびに悩んでおります・・。

LACOSTE/PH6756

DELICE PH6756
スポーツラインにあるボーダータイプのポロシャツ。ボーダーのピッチなどにはクセが無く良い感じですが、襟裏のロゴが・・的な一枚。というか、ボーダータイプなら他の品番でもあったような気が。

といったラインナップ。個人的には、ボタンダウンのほかへザータイプも気になっているのですが、皆さん「待ちに待っていた」ってことなのでしょうか、すでにサイズ切れもあるようです。ちなみに今の「気分」はピンク。へザータイプなら落ち着いた発色で良いかな~なんて思ってたのですが・・すでに完売(悲

lcplprbt.jpg

「気分」ついでに言えば、パラブーツのデッキシューズに、濃紺なドゥニームの66。こんなコーディネートが今の気分。って、これまたベタな着合わせですけど(汗

lcplstcl.jpg

ちなみによく見ると・・ワニに紛れてカエルも居ます。ボタンダウンだけでは飽き足らず、レギュラータイプのポロシャツもいっときました。「ボタンを開けて着たときのVゾーンがキレイ」と、SOUTIENCOLのBDポロのページでは言っておりましたが、スキッパーのようにはじめからV字に開いてたのね・・的な一着。

 【LACOSTE(ラコステ)のポロシャツ】を楽天で見る
 【LACOSTE(ラコステ)のポロシャツ】をヤフーで見る


関連記事
スポンサーリンク

8 Comments

通りす狩り says...""
ファブリカの
銀ラコボタンダウンは
インポートのよりも気持ち
襟が大きめでしょうかね。

ファブリカのボタンダウンは6%ポリウレタンなのが100%コットンで在れば満足ですが
良い品だと思いますよ。
洗い込んむと襟も良い感じに
ロールしています。
ラコステブティックだと4色じゃなくて確か一昨年か出た当初は7色ぐらい
在った気がしますが減ったんですかね?
長袖の方が極一部店舗限定だったりで
ラインナップがイマイチ解り辛いのですよね最近の日本ラコは・・・
2008.05.10 00:34 | URL | #hdGsHuvw [edit]
taro says...""
通りす狩りさん、どうもです。L1212以外だったらインポートにこだわらない今日この頃(汗。といったわけで、ボタンダウンおすすめですかね?で、カラーはビームスで4色でしたが、ラコブティックだと他にもありそうですね。ちなみにビームスでポロシャツ目の前にして悩んでいるのは、買うか買わないかではなく、どの色にするかです(w
2008.05.10 17:38 | URL | #qTOxrHgU [edit]
k-d-hide says...""
はじめまして。k-d-hideと申します。
自分は日本製ラコステ(白)とペルー製フレラコ(ネイビー)のL1212を持ってますが、ペルー製のフレラコの方が作りが細いみたいですね。
日本製でサイズ3だった自分は、ペルー製だとサイズ4でした。
そして、ペルー製のほうが若干着丈が長い感じが・・・。
やっぱり生産国によってサイズの違いはあるもんなんでしょうか?
2008.05.10 19:16 | URL | #- [edit]
通りす狩り says...""
ボタンダウンポロシャツは個人的には良いと思います。
が、流行りモノ扱いされているみたいですが、もうあと2、3年ぐらいで消えてしまいそうですかね(笑)

まあこの手のボタンダウンポロは元々、細々と在った物ですし、流行り関係なく
白一つでも在ると便利じゃないでしょうか。色々と使いまわし利きますし。
私はベタに白と濃紺使ってます。

テロンテロンになってきたL1212のゆるい襟も良いですが、
ゆるいんだけどゆる過ぎない(どっちだ^^;)ボタンダウン襟も一着は逝ってくださいまし(笑)
2008.05.10 20:40 | URL | #hdGsHuvw [edit]
taro says...""
>k-d-hideさん、はじめまして。
僕は日本製のラコステは持っていないので分りかねますが、スペックの違いはありそうですね。しかも、サイズひとつ分も違うとは・・。しかし、ペルー製や昔のフランス製にしても、カラーによって(同じ生産国同士)大きさや生地厚が違うものもありますよ。上の画像で言えば薄いグリーンと、オリーブは他のカラーに比べて生地は薄いです。また袖のリブがひとつ分大きく、着丈も3センチほど長いです。言ってみればサイズ一つ分違うのかなぁ・・って今見比べるまで気にしてませんでした(汗

>通りす狩りさん、流行りモノ扱いですか・・。まあ、気にしません。なにせ今の「気分」ですから。ってそれが流行ってものか(汗 で、やはり白ですかね。というか、他のカラーは重複していても「白」だけは一枚も無いんですよねぇ。遠い昔にやっていたテニスの影響でしょうか、どうしてもスポーツ色が拭えなかったもので。とにかく初トライいってみます。有難うございました^^
2008.05.10 22:46 | URL | #qTOxrHgU [edit]
masa says...""
はじめましてmasaと申します。
服のセレクトに共感が持て、よく拝見させていただいております。
最近、パラブーツのバースの購入を考えておりますがサイズ(表記と現物)はどうでしょうか?
 よろしければ教えてください。
2008.05.13 14:27 | URL | #- [edit]
taro says...""
masaさん、はじめまして。バースのサイズ感は「普通」と言った感じです。例えば僕の場合ですと、革製のシューズやブーツが25.5(足も25.5)で、スニーカーは主にワンサイズ上の26.5を履いています。で、バースは革製のシューズやブーツと同じサイズを履いています。足入れ感も「普通」で、特に幅が狭いとか甲が低いといったのもありません。また、レザーは最初から程よく柔らかくといったもので、履きなれてくるとやや革が伸びますが、ビロ~ンとまではいかないので、緩くなったと感じる事もありません。アッパーやソールも柔らかく歩きやすい「良い靴」です。と言った感じで、少しでもご参考になれば何よりです^^
2008.05.13 18:08 | URL | #qTOxrHgU [edit]
masa says...""
バースの回答参考になりました。
これからもブログの更新楽しみにしています。
 ありがとうございました。
2008.05.14 08:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/538-6274af2a
該当の記事は見つかりませんでした。