コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノ雑貨/zakkaやっとネットに繋がったバッファローのエアステーションWZR2-G300N/P。

やっとネットに繋がったバッファローのエアステーションWZR2-G300N/P。

bfflarstn.jpg

ある日突然、PCがネットに繋がらなくなった・・といった状況は結構焦ります。というか、どうもご無沙汰しています(汗 このBLOGでは数日更新しないなんて事はザラですが・・今回はいつものように(?)サボっていた訳ではありません。

このBLOGを書いている自宅PCのネット環境は、ADSL回線を使ってモデム・ルーターを介し、無線LANによって繋がっています。で、「PCがネットに繋がらなくなった」ということは今回が初めてではなく、わりと頻繁にあります。

その際は、モデムとルーターを再起動すれば大概は直るのですが、今回は全くダメ。ルーターは5年使用のバッファロー・エアステーションWBR-B11。不安定な通信状況にして、もともとハズレだったのか、ついに壊れたか・・と思い、良い機会とばかりに同じくバッファローのWZR2-G300N/Pを購入。

これで一安心・・と、高をくくっていたのが大きな間違いで、全くダメ。設定し直したり直接モデムに繋げるなど、あれやこれやと奮闘すること数日。やっとの休日に朝からNTT、バッファロー、プロバイダーにヘルプを求め問い合わせ。結局、原因は機材やシステム的な問題ではなく、こちら側の人的ミス。

簡単に言えば、僕の知らない内にプロバイダーの契約コースを変更されていて、プロバイダーのユーザーIDやパスワードが認証されなかったというオチ。もちろん、コース内容を理解していなかった家族の仕業。といった訳で契約コースを元に戻し、本日やっとの開通。「徒労に終わる」という言葉はこの先忘れないでしょう、きっと(汗

で、買い直したバッファローのエアステーションWZR2-G300N/P。
無駄になったかといえば、そうでもありません。

bfflarstn2.jpg

今まではモデムにルーターWBR-B11を繋ぎ、PC側は無線子機のPCカード、さらに双方に拡張アンテナを取り付けても、電波強度は「弱」。親機は一階、子機(PC)は2階で、距離は直線にして約10メートル(壁など障害物あり)。

しかし今回のWZR2-G300Nでは、拡張アンテナが無くとも電波強度は限りなく強に近い「中」。速度は130.0Mbps(さらに倍速にもできるようです)。今までは11.0Mbpsだったのでその差は10倍以上。といっても、ウチのADSL実測速度は12.0Mbpsなので、速さは体感できません(汗 まあ、精神衛生的には十分満足な範囲。というか、とっとと「光」にすればいいのに・・。

ちなみにバッファローのエアステーションWZR2-G300Nは、「光・ハイビジョンも高速ワイヤレス!」だそうで、購入したビックカメラでは「おすすめ品」シール付き。

※エアステーション親機単体は「WZR2-G300N」
カードバス用子機セットが「WZR2-G300N/P」
USB2.0用子機セットが「WZR2-G300N/U」。

 【BUFFALO WZR2-G300N】を楽天で見る
 【BUFFALO WZR2-G300N】をヤフーで見る


関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/564-31edc2fe
該当の記事は見つかりませんでした。