コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノ雑貨/zakka携帯マグボトルのTHERMOS(サーモス)ケイタイマグJMK-350。

携帯マグボトルのTHERMOS(サーモス)ケイタイマグJMK-350。

携帯マグボトルのTHERMOS(サーモス)ケイタイマグJMK-350。

冷たい飲み物は冷たいうちに美味しく頂きたい。という訳で、このところ肌身離さず(?)商品名そのまま「携帯しているマグボトル」のTHERMOS(サーモス)ケイタイマグJMK-350。そもそも、このマグボトルを買ったのは昨年の冬。

夜中にコーヒーをチビチビ飲むのに、保温効果があって良いかな?なんてセコイ考えのもと購入したのですが・・意外と温かく飲める時間は短かった。飲んでいくうちに中身の容積が減るため、飲み口の間口の広さが仇となり外気に触れやすい。

結果、中身が少ないほど冷めやすい。「十分に温かく飲める時間」は3時間ぐらい。まあ、3時間も保温効果があれば十分な気もしますが(汗 というか、僕の場合は保温性十分な「FBB-500」の方も使っているせいか、やや不満が残ります。

まあそんな感じで、「やっぱ家でコーヒー飲むなら、陶器のカップの方が口当たりが良いし美味しく感じる・・」などといった難癖をつけて、使うのをやめてしまったサーモスのマグボトル。

が、個人的にこのマグボトルは「保冷効果」にこそ優れたものではないかと。実際、温度計は30度越えを指す部屋でも、中に入れた氷は長時間経過しても溶けきりません。また、夜中寝る前に氷を残したまま飲み干し、朝起きても氷は半分以上カタチを残したまま。その時間は約6時間。十分な保冷力。

THERMOS(サーモス)ケイタイマグJMK-350の飲み口。

飲み口はカップのように広めで、冷たい飲み物なら口当たりも不満なし。むしろ良いと思えるほど。飲み口(中蓋)を外せば氷をそのまま入れられます。Amazonの商品紹介によれば、魔法びん構造だから高い保温・保冷力/シンプル構造なので洗いやすくお手入れ簡単/結露しないのでデスクの上やバッグの中でも・・といった特徴もあり。 Amazonで「THERMOS JMK-350」を見る。

といった訳で、家に居る時は注ぎ足しつつ、肌身離さず「冷たい飲み物は冷たいまま美味しく頂いている」THERMOS(サーモス)ケイタイマグJMK-350。というか・・飲みすぎですっかり食欲がなくなってしまったのが難点。

これから更に暑い日が続きますが、冷たい飲み物はほどほどに・・(汗

 【THERMOS(サーモス) JMK-350】を楽天で見る
 【THERMOS(サーモス) JMK-350】をヤフーで見る


関連記事
スポンサーリンク

2 Comments

笑い男 says...""
サーモス最高です(笑)

自分も去年位に某ホーマックで展示品プラス底面の小傷で1000円位に値切って購入したんですが、今時期アイスコーヒー入れて仕事に行ってます。

なかなかいー仕事するんで、嫁用(定価)とタンブラーで家でも外でもサーモスにはお世話になってます。

難点を上げるとすれば、やはり車内では新製品の方が片手でワンプッシュな分アドバンテージがありますね。
2008.07.26 04:24 | URL | #- [edit]
taro says...""
笑い男さん、どうもです。僕も仕事には500ミリのFBB-500を持って行き、家ではマグボトルを使っています。たしかに良い仕事しますよね(w で、密封性も優れていると思い、試しに炭酸飲料を入れてみましたが・・しばらく経てば炭酸が抜けてただの甘い飲み物に(汗 最初から無理な気もしてたんですけどね。
2008.07.26 16:24 | URL | #qTOxrHgU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/569-8aa82acd
該当の記事は見つかりませんでした。