コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノPatagoniaパタゴニア/Patagonia Rain Shadow Jacket

パタゴニア/Patagonia Rain Shadow Jacket

パタゴニア/Patagonia Rain Shadow Jacket

パタゴニアのレイン・シャドー・ジャケット(Patagonia Rain Shadow Jacket)。行程計画を立て、登山計画書を出してから入山する・・という、気合いや装備も万端!な登山よりも、「ちょっとその辺の里山まで」といった軽いトレッキング用途に向いたコンパクトジャケット。もちろん、街着用としてちょっとした雨や風除けにも丁度良い、パタゴニアのレイン・シャドー・ジャケット。

パタゴニア/Patagonia Rain Shadow Jacket(止水ジッパー)

といっても、信頼あるパタゴニアならではの手抜きのない作り。むしろ、街着にしてごめんなさい・・と、頭を下げたくなる高機能性を備えたジャケット。

シェルは、パタゴニア独自のストームバリアー(H2No)を施した防水性・透湿性素材。ハードシェル・カテゴリーに属すも、表地のリップストップ・ナイロンは幾らか柔らかめで、「パリパリ感」も抑えめ。内側は、レイヤリングの際にも引っ掛かりはなく、滑りの良いスムースな着心地。

また、すべての縫い目はシール処理。フロントファスナーはもちろんのこと、ポケット部や、脇下のベンチレーションも止水ファスナーを使った「完全防水」的な仕様。

パタゴニア/Patagonia Rain Shadow Jacket(巻いたフード)

フードは折畳んで巻くことが出来るので、「風圧によるバタつきが気になる・・」といったバイク乗りにも嬉しい仕様。さらに「コンパクトに携帯できる」といったわけで・・

山行き用とか、オシャレな(?)街着用としてではなく、単に通勤バイクのお供に着用(汗 以前は着古した3層構造のゴアテックスジャケットでしたが、レイン・シャドー・ジャケットにしてからは、軽い着心地でストレスもありません。

ちなみに、レイヤリング用途に向けた「レギュラーフィット」のため、サイズ感は結構大きめ。身長170の僕でXSがジャスト。といっても、インナーにフリースのR2ジャケットや、厚手のスウェットぐらいは余裕で着用できる大きさ。

無難なブラックを着ていますが、オシャレな(?)街着用としてもう一着欲しいと思わせる多色展開。ホントはレディースのラインナップにある、ターコイズかパープルが欲しいんですけど(悲

 【パタゴニア/Patagonia Rain Shadow Jacket】を楽天で見る
 【パタゴニア/Patagonia Rain Shadow Jacket】をヤフーで見る
 そのほか、OSHMAN'S OLINEでも取り扱いあり。


関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/590-8c0df4e5
該当の記事は見つかりませんでした。