コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノ雑貨/zakkaDAINES&HATHAWAY(デインズ&ハザウェイ)のクイックリリースベルト。

DAINES&HATHAWAY(デインズ&ハザウェイ)のクイックリリースベルト。

DAINES&HATHAWAY(デインズ&ハザウェイ)のクイックリリースベルト。

DAINES&HATHAWAY(デインズ&ハザウェイ)のクイックリリースベルト。ベルトで束ねて固定した消火用のホースを、消防士が素早く固定しているベルトを外すために考案したものをバックルに応用した・・といわれるクイックリリースバックル。「いざ!」という時にモタモタせずスムーズに・・なんて、ニヤつくイヤラシイ大人心と、そのギミックな仕掛けにワクワクしてしまう子供心をそそる、まさにオトコの定番。

dnshtwy03.jpg

DAINES&HATHAWAYは 1922年当時、最も優れたレザークラフトマンであったチャールズ・ハサウェイとウィリアム・デインズが共同事業で良質の革製品を製造するため、バーミンガムはウォルソールに設立した会社。製品は全てイギリス製。これは消防士が手早く消火用のホースを固定しているベルトを外すために考案したものをバックルに応用したクイックリリースバックルです。とのこと。(取扱店: GLOBER/グローバー)

DAINES&HATHAWAY(デインズ&ハザウェイ)のクイックリリースベルト。

ベルト部分のレザーはブライドルレザー。長期間、蜜蝋を染み込ませることにより、堅牢性や防水性を高めたもので、元々は馬具に用いられていたレザー。耐久性に優れ、最初のうちは硬さがありますが、使い込むうちに徐々に柔らかくなり、独特なツヤ感と微妙なヘタリ具合が魅力的なレザーです。

DAINES&HATHAWAY(デインズ&ハザウェイ)のクイックリリースベルト。 DAINES&HATHAWAY(デインズ&ハザウェイ)のクイックリリースベルト。 DAINES&HATHAWAY(デインズ&ハザウェイ)のクイックリリースベルト。 DAINES&HATHAWAY(デインズ&ハザウェイ)のクイックリリースベルト。

と、どんなパンツに合わせてもバックルの存在感は負けることなく、シンプルでありながらも、程よいハードさが良い感じ。

僕自身は普段はデニムなどが多いので、35ミリのタイプをチョイス。ループ幅が狭いキレイめパンツや、デニムなどに合わせてもちょっと上品に・・といった場合には30ミリ(1.25インチ)が良いようです。

DAINES&HATHAWAY(デインズ&ハザウェイ)のクイックリリースベルト。

ちなみに・・ちゃちゃっとバックルを外すには、一番下のフックに掛かる部分を下に押すだけ。いざという時に手際の良いオトコを演じたい方は是非。というか・・そんなシチュエーションはきっとこの先ないなぁ・・と思う今日この頃(哀

 【DAINES&HATHAWAY】を楽天で見る
 【DAINES&HATHAWAY】をヤフーで見る

バナー原稿 468×60_a (110131)imp
関連記事
スポンサーリンク

4 Comments

胡麻 says...""
taroさん こんにちは。

いつも楽しく拝見しています。

私もこちらのクイックリリース購入予定なんですが、レザーの伸びはいかがですか?
できればセンターホールで使いたいのですが、どの程度伸びるのか全く予想がつかないもので。。。
2009.02.22 23:48 | URL | #- [edit]
taro says...""
胡麻さん、どうもです。
DAINES&HATHAWAYのベルトは、まだアジが出るほど使い込んでませんが、イタリア物のレザーと違ってブライドルレザーは殆ど伸びないと思いますよ。という訳で、伸びは考慮しなくて良いかと^^
2009.02.23 06:20 | URL | #qTOxrHgU [edit]
胡麻 says...""
一部で1~2ホール伸びるとの記述があったので、本当?!と思っていたのですが、やはりこれだけ丈夫そうなブライドルレザーは伸びないですよね。安心しました。

先ほど30mmブラウン/ゴールドをお買い上げです。
スマートな男を演じられるよう精進します(笑)
2009.02.23 23:41 | URL | #- [edit]
taro says...""
1~2ホールですか!!それはスゴイ・・。
というか、そこまで伸びたら品質を問われますよねぇ(w
とにかく、ご購入おめでとうございます^^
2009.02.24 15:25 | URL | #qTOxrHgU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/614-6a84cd7b
該当の記事は見つかりませんでした。