コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノPatagonia旅のお供にPatagonia(パタゴニア)のMLC。

旅のお供にPatagonia(パタゴニア)のMLC。

Patagonia(パタゴニア)のMLC。トラベルギアに部類されるMLC(マキシマム・リーガル・キャリーオン)は、3WAY対応のブリーフケース。容量は43リッター、3~5日分の衣類を収納可能・・となっていますが、Tシャツや下着などのインナー以外は「着の身着のまま」といった旅スタイルであれば、一週間のスケジュールにも対応(汗 というか、パタゴニアの初代MLCが出てから既に15年ぐらい経つんですかね?ずいぶんと丸っこいデザインになったもんです。

ptmlc01.jpg

表地は1200デニールといったバリスティックタイプなポリエステル素材。もちろんパタゴニアと言えばのDWR(耐久性撥水)加工済みで、ファスナー部分は止水ジップ仕様。

コンパートメントとしては、アクセスしやすい一番外側のポケットに脱着式のキーリングがついていたり、パスポートやチケット、または細々としたものを仕分けして収納できるポケットを装備。僕自身は帰りまで取り出すことが無いであろう家の鍵や、ゴミを突っ込んでおくのに使用(汗

ptmlc02.jpg

次にバッグの横幅分をフルに活用できる大きさのポケット。しかし、奥行き(マチ?)が無いため、とりあえず雑誌を突っ込むとか、着用済みの衣類などを放り込むぐらいにしか使い道はなさそう。というか、僕自身はそういった用途にしか使っていません・・。

ptmlc03.jpg

そして、コンパートメントには収納した荷物を押さえ込むのにも使えるメッシュバッグを装備。これが一番重宝していますが、こういった仕様はパタゴニアのMLCに限ったことではありませんよね・・。

ptmlc04.jpg

ついでに重宝といえば、EAGLE CREEK(イーグルクリーク)のパックイットシステムのキャリーパック。旅といえばの「地球の歩き方」もお勧め的なアイテム。

ロンT3枚、下着3枚、靴下も3足分。さらに、タオル一枚に薬類やグルーミングキットや部屋着のスウェットパンツやフリースその他もろもろを分散して各キャリーパックに収納したところの図。

ptmlc05.jpg

そして膨らんだ荷物をメッシュバッグで押さえ込み。ちなみに、このメッシュバッグにはHP mini 1000を収納しています(15インチぐらいまでのノートブックが収納可能とのこと)。

ptmlc06.jpg

ファスナー類をすべて閉じ、準備OKの図。結構パンパンな感じですが、これでも国際線の機内持ち込み手荷物のサイズ基準をクリア。国内旅行はもちろんのこと、海外旅行へ行く際にロストバゲッジが心配で機内持ち込み分の荷物しか持って行かないよ・・といった心配性な方にも安心(?)です。

ちなみに・・悔しいことにamazonでは現在セール価格・・。

といった感じで・・これら荷物を携え、2日前からドイツに渡航滞在中。もちろん、前日の記事もドイツからこんにちは的に更新。というか・・帰りのお土産分のことは一切考えていませんでしたので、荷物に入りきるか心配(汗

ちなみにこちらドイツでは、円高もあってRIMOWA(リモワ)のスーツケースが約半額ぐらいなんですけど・・どうしましょ?

 【Patagonia(パタゴニア) MLC】を楽天で見る
 【Patagonia(パタゴニア) MLC】をヤフーで見る


関連記事
スポンサーリンク

3 Comments

melonball says...""
g-shock miniがカッコいいっす!
2009.02.02 10:04 | URL | #- [edit]
takechin says..."昔にコレを買いましたが…"
自分も7年位前にMLC購入しましたがメッシュバッグなんか付いたりして進歩してるんですねー。。
2009.02.04 11:39 | URL | #- [edit]
山男 says...""
ちょうど手頃なバックを探していたので大変参考になりました。
使い勝手も良さそうですので、購入に踏み切るきっかけが出来よかったです!
2010.05.08 02:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/622-97f2646f
該当の記事は見つかりませんでした。