コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノその他シューズPlakolmのSchladminger。

PlakolmのSchladminger。

PlakolmのSchladminger。

PlakolmのSchladminger。ドイツ滞在中、自分へのお土産として唯一買ったものが、このチロリアン使いのルームシューズ。というか、物欲を駆り立てるようなものが他に無いんですよねぇ・・ミュンヘン。逆に食べ物は、アレも食べたいコレも食いたい・・ってほど好物が豊富でビールも美味い。料理は付け合せにジャガイモが丸々4つも盛られてるぐらい量が多いんですけど。って、それはともかく・・

plkschldmgr03.jpg

こちらのPlakolmのSchladminger。アッパーはチロリアンジャケットなどに使われる圧縮ウールで、袋縫いのモカシン構造。ライニングに一筋薄っすらと縫い目が見えることから、出来上がった生地を縫製するのではなく、靴の形に縫製してからボイル(スチーム処理)していることがわかります。

PlakolmのSchladminger。

ソールはフレックス性のあるラバー製。ウール素材の室内履きといえば、日本のショップでもいくつか見かけますが、そのほとんどが硬いソール仕様。これなら部屋の中でも躊躇なく(土足感なく)使用できます。Made in AUSTRIA

schustr.jpg

ちなみに購入場所はミュンヘン市内にあるSchuster(シュスター)。アルパイン、クライミング、スキー、サイクリング、フィットネスなどスポーツ物全般を取り扱う、1913年創業のアウトドアショップで観光名所にもなっているそうです。 Schuster(WEBサイト)

plkschldmgr05.jpg

こちらはSchusterで無料配布されている分厚いカタログ。今回買ったルームシューズには、タグや本体のどこにもメーカー名や品名が明記されていないため、このカタログで調べてようやくPlakolmのSchladmingerと解った次第。

plkschldmgr06.jpg

Schladminger(シュラードミンガー)とは、オーストリア・Schladming伝統の羊毛織物を使ったコテージ用の履物とのことでハンドメイド。( Online Catalog Page)

ちなみに説明書きをGoogle翻訳にかけてみると・・

100 %ウールとノスタルジックコテージ履物、革底は、柔らかな温かみのあるスタイリッシュなumkettelter Zierbordüreと足首geketteltem絶縁verfroreneエッジで足を温め。とのこと・・。

plkschldmgr02.jpg

カラー展開はカタログにある黒とグレー、今回買った赤(店内の照明下ではオレンジに見えたのに・・)の他に、ネイビーとグリーンもありで、24.95ユーロ(約3,000円)。円高に感謝。

 【Plakolm Schladminger】を楽天で見る
 【Plakolm Schladminger】をヤフーで見る


関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/625-822e34ec
該当の記事は見つかりませんでした。