コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノRokxROKX CROP 3/4/ロックスのクロップドパンツ。

ROKX CROP 3/4/ロックスのクロップドパンツ。

ROKX(ロックス)の3/4クロップドパンツ。

ROKX(ロックス)の3/4クロップドパンツ。GW初めの休日、天気にも恵まれ久々に乗った自転車。半年振りだけに、その開放感と言うか、気持ち良さは格別です。そんな訳で浮かれていたのでしょう・・。久々のくせに、調子に乗って結構な距離を走ったおかげで、帰宅はちょっと肌寒くなった夕方。戻ったあともカラダはまだ熱く、ROKXのクロップドパンツを穿いてゴロゴロしていたら、いつの間にかソファでウトウト・・。起きたら立派な風邪っぴきに(汗

ROKX(ロックス)

グラミチの創設者であり、チーフデザイナーも務めていたマイク・グラハムが立ち上げた「ROKX」。その彼が古巣を去り、新しいブランドを起こした理由は、大きく育ってしまったグラミチでは、かつてのように自分の思うままの創作活動が 出来なくなってしまったから・・。

自らがロッククライマーであり、自然の中でさまざまな経験によって生み出された「Rokx」のウェアには、そんな彼の「思い」が詰め込まれています。

そんなROKXのクロップドパンツ。

そんなROKXのクロップドパンツ。生地は頑丈なヘビーツイルを使用し、丈は膝が丁度隠れるぐらいで、6分丈と言ったところでしょうか。ちなみに身長170・58キロの僕でSサイズがジャスト(Mではブカブカ)。股上は少し浅めで、細身のシルエット。ココがポイント。

特筆するべき点として、グラミチパンツのような普通の(?)クライミングパンツは、股上は深く、動き易さを考慮しておケツ周りもユッタリめ。しかし、こちらのROKXのクロップドパンツは、オケツ周りはすっきり。とはいえ、開脚180度OKの股下ガゼットにより、動き易さは犠牲になっていません。

キレイめでカッコつけな一本。というよりは・・部屋着感覚で、気を抜いて穿ける一本です。膝裏にシワがつき、少し膝が抜けた(頃の)立体的なシルエットが良い雰囲気。で、今ならトップスにシャンブレーシャツかBDシャツを羽織り、足元はKEDSかトップサイダーのデッキシューズ・・てのが気分です。

ROKXのIKATショーツ。

ちなみに、こちらは同じくROKXの「IKAT SERAPE SHORT」。90年代初頭のパタゴニアや、グラミチ初期の短めショーツを彷彿とさせます。というか・・風邪っぴきのくせに、アタマの中はすっかりヴァケーション気分(汗

 【ROKX/ロックス】を楽天で見る
 【ROKX/ロックス】をヤフーで見る


関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/649-db7263db
該当の記事は見つかりませんでした。