コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノ雑貨/zakkabolle Serpent/ボレーのサングラス・サーペント。

bolle Serpent/ボレーのサングラス・サーペント。

bolle Serpent/ボレーのサングラス・サーペント。

bolle(ボレー)のサングラス、Serpent(サーペント)。通勤バイク用が主な用途であり、さらに普段使い用として使えたらいいなぁ・・的に探していたサングラス。候補条件は、バイク用として風の巻き込みが少ないバイカーシェード・タイプ、なおかつ派手さがなく、そして最も重要なのがスポーツサングラスであること。そこで選んだのが、設立から120年を誇るフランスのアイウェア・メーカー、bolleのサングラス「Serpent」。

bolle Serpent/ボレーのサングラス・サーペント。

今までにもバイカーシェードタイプのサングラスは他のメーカーのもので何本も買いました。が・・、その殆んどがいわゆるファッション用・おしゃれサングラスだった為なのか、レンズに難(景色が湾曲して見える)があったり、テンプル部分が硬くヒンジ部分の強度不足など・・。みんな安物じゃなかったんですけどねぇ。

最悪だったのは、バイクのヘルメット(ジェットタイプ)を脱がず先にサングラスを外したら、ヒンジの左右両側が損壊し、まるでウルトラアイ状態に。って、例えが解る人にしか解らないと思いますが(汗

bolle Serpent/ボレーのサングラス・サーペント。

そんな経験を元に、スポーツサングラスにこだわった理由は、フレームやテンプルの材質にフレックス性があり軽量、さらにレンズ機能に対しての信頼。

bolle Serpent/ボレーのサングラス・サーペント。

bolle Serpentボレーサーペント
サーペントシリーズは視界も広く、風の巻き込みを抑えたモデル。フレームはハイグレードナイロンを使用しており、極めて軽く、ショックに強い柔軟なフレーム。レンズは偏光(Polarized)と、調光/偏光(Modulator Polarized)機能を備えたモデルをラインナップ。また、ノーズパッドは日本人の鼻の高さに合わせたアジアンフィット。とのこと。

bolle Serpent/ボレーのサングラス・サーペント。

で、こちらは紫外線の量に応じて色が変化し調光する、モジュレーター ポラライズドレンズを使用したA10571。「多目的なこのレンズは曇った日から晴天時のギラギラした光まで幅広くカバーし、利用者の目に理想的な光の伝達をすることが出来る中間的なグレーレンズです。」とあります。

少しグレーが濃い気もしますが、目が疲れることはありません。また、フレーム・レンズともに柔らかい材質のため、フィット性がよく装着感はかなりグッド。しかも軽い。もちろん、バイクのヘルメット装着時もテンプル部分に圧迫感は感じません。

ちなみにこのボレーのサングラス・サーペントは、ビーチバレー選手で有名なアノ人の使用モデルとのこと。もちろん、「そこが決め手」になった訳ではありません・・ほんとに。

 【bolle Serpent/ボレー・サーペント】を楽天で見る
 【bolle Serpent/ボレー・サーペント】をヤフーで見る
 【bolle Serpent/ボレー・サーペント】をamazon.co.jpで見る


関連記事
スポンサーリンク

3 Comments

愛読者 says...""
いつも楽しみに拝読しています。
バイク使用とのことでしたが、私、バイク(自転車)にてトラックまで出向き、そこでランニングをしたりすることが多いのですが。
ビーチバレーに使用可能なのは確か(笑)として、運動時の使用感などいかがなものでしょうか?。
もしよろしければおわかりになる範囲でお教えいただけないでしょうか?。
2009.08.13 03:11 | URL | #6facQlv. [edit]
taro says...""
愛読者さん、はじめまして。

運動時の使用感・・う~ん、難しいですね(汗 一言でいえば、スポーツサングラスとしての機能は十分果たしていると思われます・・。って、これじゃ答えになってませんね(w

ちなみに僕が自転車用として使用しているのがBRIKOのSPRINTER KIT(レンズ周りにリムがないブロウバータイプ)と、OGKのKABUTO(こちらもブロウバータイプ)で、BRIKOの方はレンズが大きく視野も広いですが、やや前側(レンズ側)に加重を感じます。

その点、bolleのSerpentは、レンズとフレームとの重量バランスが良いのか、ノーズパッドに掛かる加重を感じず、着用感も軽いです。さらに、テンプルの材質が柔らかいため圧迫感もなく、運動中でも着用に違和感も感じません。もちろんズレにくいです。レンズのコントラストは自然に近く、ハッキリしすぎていません。

また、ブロウバータイプと違い下リムが若干視界に入りますが、サングラスと顔の距離が狭いため、気になることはありません。

追記として、BRIKOの方はレンズ側に加重を感じると書きましたが、今回比べてみて解ったことで、普段の使用で違和感は感じません。こちらも良いサングラスだと思います。で・・OGKの方はフィッティングは良いのですが、フレームが硬い。

こんな感じで随分長くなってしまいましたが・・参考になれば幸いです^^;
2009.08.13 14:51 | URL | #qTOxrHgU [edit]
愛読者 says...""
早速のお返事、恐縮です。
ありがとうございました。
そうですか・・・顔との距離が近いのですね。
私、鼻梁が低いのかときどきレンズが近くてフレームが顔に当たることがあるのです。ただ、コントラストが自然に近いというのが、好印象です。
朝や夕方など、自転車から降りてそのまま運動に移行することもありますので。半分通常使用にも耐えると良いなあとおもっていたのです。
大変参考になりました、お忙しいところ、ありがとうございました。
(追記:本ブログのおかげで、ラコステポロが今年も順調に増殖中ですw)
2009.08.13 15:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/668-c6cb6f95
該当の記事は見つかりませんでした。