コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノNewBalance2009年AW/FWのニューバランス、もちろんMade in US/UK。

2009年AW/FWのニューバランス、もちろんMade in US/UK。

M993にM998、それとM996。

2009年AW/FWのニューバランス。M993にM998、それとM996。限定モノも含め、現在インラインで発売されているモデル。それだけに(?)新しいカラーが出ても、大きく取り沙汰されていない(ような気がする)こちらのニューカラー3品番。個人的に気になったのはM998。(画像:楽天mitasneaker)

ニューバランスM998のニューカラー。

M998は1993年にオリジナルが発売され、その後アメリカのRRSにて継続発売されてきたモデルで、隠れた定番品。で、日本では今年の2月に限定復刻。オリジナルの発売当初は「ハイテク」に見えた様相も、今見れば「レトロ」。その微妙(絶妙?)さ加減と長めのタンが特徴、ABZORB採用の履き心地も◎。

で、今回のM998(M998GY)は、グレーメッシュ(というよりはシルバー)に、ウルバリン社のピッグスエードを採用した、USモデルらしからぬ軽めな雰囲気。挿し色のイエローが効いていて、好みな配色。ですが・・黒ソールにしたことで、それまでM998を定番品として捉えていた僕との間を微妙に遠ざけてしまった仕様。従来のソールだったら良かったのに・・と、個人的な感想。

来年あたり、「オールレザー版を復刻。」なんて事にならないかな?

 【ニューバランス M998】を楽天で見る
 【ニューバランス M998】をヤフーで見る

UK製のM577。

気を取り直し・・時同じくして発売されたUK製のM577。ニューバランスのスニーカーと、長年付き合いがある方々にとっては、M996のスエードメッシュ同様、リピート買いするほどお馴染みといえる定番品。ヨーロッパにおいては、リミテッド仕様やショップ別注が盛んなモデルでもあります。

アッパーはスエード&ナイロンメッシュ仕様で、ソールは現在のUS製M576やM1300CLと同じく、ENCAPミッドソールにオフロードパターンのアウトソール。ちなみに、履き心地や足入れ感はM1300CLに近い感じです。

M577の基本仕様といえる、こちらのオリジナルカラー(ネイビーのほかグレーもあり)。今回はオッシュマンズとミタスニーカー限定取扱いとのこと。ですが・・並行物を探すか、ヨーロッパのショップから直で購入した方が安上がり(かなり)。 New Balance M577/OSHMAN’S ONLINE

Alife Rivington Club(エーライフ・リヴィントン・クラブ)別注によるM1300CL。

で、最後にM1300CL。こちらはAlife Rivington Club(エーライフ・リヴィントン・クラブ)別注によるもの(今年の夏前に発売?)。Alifeといえば、昔アーガイルパターンのスリッポンシューズを履いてましたが、最近はこんな事もやってるんですね。

ちなみに3カラー展開で、個人的にはこちらのホワイト(ベージュ?)が気になって悩んでおりましたが、時すでに遅し。というか、セールになったら・・なんて構えているうちに売り切れてました(汗

 【ニューバランス M1300 CL】を楽天で見る
 【ニューバランス M1300CL】ヤフーで見る

それはそうと・・2010年版M1300の復刻って、どうなってるんですかね?


関連記事
スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/677-60a28880
該当の記事は見つかりませんでした。