コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノT-shirtLeft Field(レフトフィールド)のBLANK TEE、いわゆる無地T。

Left Field(レフトフィールド)のBLANK TEE、いわゆる無地T。

Left Field(レフトフィールド)のBLANK TEE、いわゆる無地T。

Left Field(レフトフィールド)のBLANK TEE。いわゆる無地T。拷問にも感じるこの暑さはいったい何時終わるのか・・と考えるほど、気が遠くなりそうなこの頃。気分転換に秋物を物色しようとお店回りをしてみるが、ウール物の重衣料を目の前にして、余計に気が遠くなるこの頃でもあり。と言う訳で今夏のシーズン中、ヘビロテで着まわした甲斐もあり、程よくヨレ感が出てきたLeft FieldのBLANK TEE、いわゆる無地T。この暑さならまだまだイケますね。

Left Field(レフトフィールド)のBLANK TEE、いわゆる無地T。

初めてLeft FieldのTシャツを手にしたのは、確か5~6年前。知人の店で「昔からアメカジ好きな人にはぜひこれを着て貰いたいですね~」的な言葉に促されて付き合い始めたLeft FieldのTシャツ。カラー展開は結構あり、ピンクにイエロー、グリーンと、気分に合わせて色々試しましたが、特に気に入っているのがインディゴっぽい色合いのネイビー。こちらは今シーズンに新調。

Left Field(レフトフィールド)のBLANK TEE、いわゆる無地T。

ネップ感が強い杢調の綿100生地で、着心地は柔らかめ。洗い込むことによって色がいくらか褪せつつ、ネップや杢の表情が際立ってくるのが他のTシャツには無い特徴でもあり、着る愉しみや喜びに繋がるポイントでしょう。

Left Field(レフトフィールド)のBLANK TEE、いわゆる無地T。

袖や裾回りにヨレ感が出てきて良い雰囲気に。でもって、全体的なヘタリは無く、まだまだこれからといったところは、Made in USAならではの剛健さ。ただし、へヴィーウェイトまでもいかない肉厚感にしては、風抜け(通気性)が悪いところが「難」といったところでしょうか・・。

しかし、Left FieldのBLANK TEEには「アメリカによるアメリカのモノ」と、存在感を誇示するかのような雰囲気があり、ほかには代えがたいものがあります。ちなみに個人的には、Left Fieldの他のラインナップには興味はありません・・(汗 ※身長170/体重58でSサイズを着用。

 【Left Field(レフトフィールド)】を楽天で見る
 【Left Field(レフトフィールド)】をヤフーで見る


関連記事
スポンサーリンク

1 Comments

買取/査定リサイクルのエコステージ says...""
ブログ読ませて頂きました!
エコステージでは全国よりブランド品・ジュエリー~楽器・ベビー用品・家電・オーディオまで買取受付中です。
2010.08.30 21:45 | URL | #dtbhzI4E [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/729-769f3703
該当の記事は見つかりませんでした。