コダワリのモノ

コダワリながらも、つい流行りモノに手を出してしまうそんな今日この頃。気付けば40代。
コダワリのモノDannerダナーライトの手入れ/Danner Light Maintenance

ダナーライトの手入れ/Danner Light Maintenance

ダナーライトの手入れ/Danner Light Maintenance

ちょうど5年前に2足目のダナーライトとして新調したDanner/Dannerlight #30420X。休日しか履かないというわけではなく、割と履く頻度は高いのですが、なかなかアジというものが出てきません。とか言ってますが、基本的にほかの靴と比べると気を使って履くこともなく、時たま手入れが行き届いている他の人のダナーライトを見て、僕のもちゃんと手入れしてあげないとなーと思いつつ、普段はブラッシングのみ。というわけで、年末の大掃除のつもりで張り切り気分のダナーライトの手入れ。

ダナーライトの手入れ/Danner Light Maintenance

と、色々とメンテナンスグッズを用意しましたが、大したことはしていません。というか、ダナーライト自体がレザーを覆うようにコーティングされているので、何をやっても革に浸透せず弾いてしまうので、やり甲斐がありません。そんな意味もあって普段はブラッシングのみになってたりします・・。

ダナーライトの手入れ/Danner Light Maintenance

左足はすでに完成、右足はサドルソープで洗い上げて素の状態。

ダナーライトの手入れ/Danner Light Maintenance

ここで使ったのは左側から、

・馬毛ブラシ(黒)
・M.モゥブレィ サドルドープ
・クリーニングスポンジ
・クリーニングブラシ
・M.モゥブレィ プレステージ クリームナチュラーレ(ミディアムブラウン)
・豚毛ブラシ(白)

まず、全体的に馬毛ブラシでほこり取り。普段の手入れはこれだけ。
次に靴全体を軽く水に濡らし、クリーニングブラシを使ってサドルドープをよく泡立てながら洗い上げ。
クリーニングスポンジで水分をぬぐって乾燥。

レザー部分はキズ以外に水は浸み込まないので、すぐに乾きます。

で、次はクリームナチュラーレを薄く塗りこみ。
仕上げは少し時間をおき、豚毛ブラシで磨き上げて完成。

ダナーライトの手入れ/Danner Light Maintenance

ちなみに下地としてデリケートクリームを塗り込むのは、コーティングに弾かれてしまうため、栄養補給としては意味はなし。
やめて、クリームナチュラーレで表面を保護。・・レザーを覆うコーティングを保護。考えてみれば変な話です。

で、仕上がりはキズもいくらか補色され、艶も出て綺麗になった気もしますが、”レザーを手入れした”という達成感気分はあまり味わえず。

というわけで・・

ダナーライトの手入れ/Danner Light Maintenance

あちこちに不具合が生じ、引退を果たした1足目のダナーライト、Danner/Dannerlight #30420。22年モノ。現役を退いた今でも手放せない一足。

ダナーライトの手入れ/Danner Light Maintenance

こちらも左足はすでに完成、右足はサドルソープで洗い上げて素の状態。いい具合に禿げ上がって(?)メンテ甲斐もあります。

ダナーライトの手入れ/Danner Light Maintenance

使ったメンテナンスグッズは左側から、

・馬毛ブラシ(黒)
・M.モゥブレィ サドルドープ
・クリーニングスポンジ
・クリーニングブラシ
・M.モゥブレィ デリケート クリーム
・M.モゥブレィ プレステージ クリームナチュラーレ×2
・豚毛ブラシ(白)

手入れの要領は一緒ですが、洗い上げた素の状態で栄養補給としてのデリケートクリームを塗り込みます。
ぐんぐん浸透してシットリ。で、程よく馴染んだところでクリームナチュラーレを薄く塗り込み、仕上げの磨き上げ。

ダナーライトの手入れ/Danner Light Maintenance

色味の違いを試したく、右(左足)にミディアムブラウン、
左(右足)にはダークブラウンを塗り込んで仕上げた状態。

昔はミンクオイルやコンディショナーを使ってましたが、オイル成分が強いとキズやシワが黒ずんでしまって醜い仕上がりに。
今思えばそれが普通だと感じてましたが、これぐらいの濃淡の塩梅がちょうど良いのかなと。

ダナーライトの手入れ/Danner Light Maintenance

左が5年物の30420X、右が22年物の#30420。

30420Xはやはり皺の色味が濃くスジ状なってしまっているので、ニュートラル(無色)のクリームナチュラーレでこの後やり直し。
全体の色味はたいして変わりません。

30420の仕上がりは薄めの色味が好みなので、ミディアムブラウンで入れ直して完了。

やっぱり昔のダナーライトの方が・・好きだなと思うわけで。

関連記事
スポンサーリンク

6 Comments

ぶーこ says...""
明けましておめでとうございます。
数年前に私も、こちらの記事を見て、二足目を購入しました。
今年の冬は雪道で大活躍。メンテナンスせねば。

今年も活躍期待してます。
2015.01.05 22:25 | URL | #- [edit]
taro says...""
ぶーこさん、明けましておめでとうございますm(__)m

雪道にダナーライト、間違いないですよね。
ガツガツいける無敵感。僕も重宝してます。

>今年も活躍期待してます。
励みになります。有難うございます!
2015.01.06 03:49 | URL | #qTOxrHgU [edit]
ばちすた says...""
はじめまして。
当ブログの記事を読んで、ダナーライトに関心を持ちました。
表面の革が剥がれやすいという噂を耳にしましたが、使っている感想としていかがですか?
2015.01.24 11:47 | URL | #- [edit]
taro says...""
ばちすたさん、はじめまして。

屈曲部分に皺が入ったところや、何かにぶつけたか擦れた箇所には、表面の”剥げ”が見られますが、ベリッといった感じではないので、僕自身は特に剥がれやすい印象はありません。ただ、手入れをしなければ、こうなりやすいといった印象はあります(汗 これは他の靴でも一緒ですよね・・。

で、見ての通り、手入れ用のクリームで見栄え的にも補えます。また、新品からの履き下しの際にもちゃんと手入れしておけば、幾らか傷も防げてもう少しましだったかなと。

ちなみに、コーティングをしている革だから、クリームの成分が浸透せず、表面の保護ぐらいにしかならないだろうと思ってましたが、手入れ後は革がだいぶしなやかになっています。本当に浸透しているの?と、疑いの念はありますが、何かしらの効果があるようです。

手入れ次第。ということで、質問の答えにはなっていないかと思いますが、参考になれば幸いですm(__)m
2015.01.24 14:45 | URL | #qTOxrHgU [edit]
ばちすた says...""
ありがとうございます。
とても参考になりました。
やはり大事に履きたければ、手入れと扱いに気を使わなければダメですね。

購入した際にはしっかり面倒見てあげようと思います。
2015.01.27 23:54 | URL | #- [edit]
「CAMP HACK」編集部 says..."画像転載について"
キャンプWEBマガジン「CAMP HACK」編集部と申します。

「ダナーライト」特集記事にこちらのページ一番上から3枚目のお写真を是非使用させていただきたいのですが、いかがでしょうか?

大変お手数で恐縮ではございますが、28日(水)までに下記アドレスかコメント返信でご連絡いただければ幸いです。

ご連絡ない場合は画像の使用はいたしません。

それではご連絡お待ちしております。

media@spacekey.co.jp
2016.12.26 15:21 | URL | #ncVW9ZjY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kodamono.blog41.fc2.com/tb.php/805-30dab160
該当の記事は見つかりませんでした。